ナイフ製作・渓流ルアーフィッシング・燻製
荒雄アングラーズミーティング 2018 開催されます!
2018-10-07 Sun 23:59
今年も開催、参加致します!

fa0b869d0cd8fee0409732a69cb567be_d626a0a856742adebceca6f508342163.jpg

荒雄アングラーズミーティングとは

荒雄アングラーズミーティング(AAM)は、宮城県大崎市鬼首を会場に、クラフトマンと釣り人が一緒になって楽しもう!と言うイベントです。 アングラーズグッズの展示販売だけでなく、クラフトマン・釣り人がごっちゃになっての懇親会、そして東日本大震災の復興に協力するためのチャリティグッズの販売などを行っています。

このイベントは荒雄アングラーズミーティング実行委員会(参加クラフトマン有志による任意団体)が企画運営しています。

■日時
 2018.10.06~07の2日間

■場所
 イベントの会場は
 オニコウベスキー場センターキューブ内イベントスペース
  〒989-6941 宮城県大崎市鳴子温泉鬼首字小向原9-55
  Tel 0229-86-2111



AAMオフィシャルウェブサイト
関連記事
別窓 | イベント | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
パンタグラフ式キーボード
2018-07-13 Fri 05:17
キーボードとマウスのセットが壊れたので、新しいのを買いました。
今回はセットではありません。

36287190_1796142970482322_4473012605455171584_n.jpg

36291421_1796143027148983_228422887835435008_n.jpg

マウスは今までと同じ無線式の5ボタン。

キーボードはパンタグラフ式の有線タイプ。
キーボードはそう移動もしないので、電池を食う無線式は不要なのです。

で、これのディープストロークキーの押し心地はまずまずでした。
昨今の薄っぺらでチャカチャカいうキーは苦手なんですよね、ミスタイプも増えるし。

やはりカコカコと、しっかり押した感じがないと。
旧い人間なもので…



関連記事
別窓 | 買物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
銀座ブレードショー7月 無事終了しました
2018-07-13 Fri 05:13
7月8日 銀座ブレードショー 無事終了しました。

36803975_1815884558508163_1916739012513497088_o.jpg

ご来場者各位、お買い上げ頂いた方、関係者各位、お疲れ様+ありがとうございましたm(_ _)m

次回2月にも出展予定です。
多数のご来場をお待ちしておりますm(_ _)m
関連記事
別窓 | イベント | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
銀座ブレードショー 2018年7月8日(日) に出展致します
2018-07-08 Sun 23:59
私は今回も別室での展示です。
多数のご来場をお待ちしております。

img004.jpg
関連記事
別窓 | イベント | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
トラウト(L&S) 間もなく完成
2018-07-05 Thu 06:48
微調整をして桐油を塗れば完成です。
シースは銀座BSに間に合いそうもありませんので、本体のみの展示となります、ご購入をを希望の方は、ご予約いただければ後日シースとともに郵送いたしますので宜しくお願い申し上げます。

DSC_1533_20180705064806f72.jpg

DSC_1534_20180705064807295.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
トラウト(L&S) ハンドル成形
2018-07-02 Mon 00:09
大まかに削ったら含浸液を塗ります。

DSC_1512.jpg

DSC_1513.jpg

なかなか良い木目ですね。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
諸々の進捗
2018-06-21 Thu 05:26
クリアシース用のアクリル/ポリカのネジです、それぞれM4です。

DSC_1487.jpg

DSC_1489.jpg


レジンのハンドル材は2セット出来ました、右のは秋色バージョン。

DSC_1478_2018062105242575f.jpg


トラウトSサイズのハンドルは、スタビライズドのバックアイバールで。

DSC_1476.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
トラウト(L&S)とStream(山女魚)の新しいハンドル材
2018-06-17 Sun 08:21
鈴木寛さんからデザインを提供していただいた「トラウト」のLサイズとSサイズです。
Lはフラットグラインド、Sはホローグラインドとしました。

DSC_1465.jpg

Lサイズはデザートアイアンウッドのハンドル材を取り付けたのですが、Sサイズのハンドルを何にしようか迷い中です。
写真に写っているのはスタビライズバックアイバール、僕の好きな材料です、水にも強いので渓流での使用にも十分耐えます。


DSC_1466.jpg

こちらは新しいレジンのハンドル材、製作途中の図です。
丁と出るか半と出るか…
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Stream(山女魚) シース完成
2018-06-13 Wed 10:42
こんな感じに出来ました。

DSC_1457.jpg

DSC_1458.jpg

DSC_1459.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Stream(山女魚) シース製作
2018-06-09 Sat 16:51
渓の涼し気な感じを目指して製作中です。
テックロック付き。

DSC_1453.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
熱処理前研磨中
2018-05-31 Thu 04:05
計6本ほど熱処理に送る予定です。
今回は八田工業さんに依頼するつもりです。

DSC_1408.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
例のハンドル材
2018-05-31 Thu 04:03
レジンのハンドル材、改良型の試作中です。

DSC_1426_20180531040210e5f.jpg


今回は人工MOPは使用せず、パールの粉末にて着色しています。
丁と出るか半と出るか・・・

DSC_1425.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
木材樹脂含浸用 真空ポンプとデシケータ その2
2018-05-31 Thu 04:01
デシケータの材料の一部が来ました。
あともう数点の部品で使えるようになります。

DSC_1381.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
GERBER Silver Knight
2018-05-31 Thu 04:00
銀紙一号にマザーオブパールハンドルの結構古いものです。
前から欲しかったのですが、先日程度の良さげなのを手に入れました。

DSC_1423_20180531035950bd0.jpg

DSC_1424.jpg
関連記事
別窓 | ナイフ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
カイデックスシースを作る治具
2018-04-19 Thu 21:02
こんなので強度的に持つんですかね~
まぁ試してみてまた考えます。

DSC_1309.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
木材樹脂含浸用 真空ポンプとデシケータ
2018-04-19 Thu 03:21
中古の真空ポンプを格安で仕入れまして。
日東工器 Linicon LV-660(50Hz) です。

DSC_1222.jpg


デシケータは金属パイプで代用、両側にねじを切って蓋をします。
中身が見えないのが難点ですが、強度は十分すぎるほどありますので、目一杯減圧できそうです。

DSC_1304.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
4インチユーティリティ
2018-04-18 Wed 02:46
オーダー分の切り出し小刀を急ぎたいところですが、熱処理にまとめて送り出す都合上別のブランクも削っております。

DSC_1296.jpg

DSC_1297.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
基本に立ち帰る?
2018-04-13 Fri 03:23
このところ作業にモヤモヤ感が生じて手が遅くなっていましたので、思い切って別のブランクに手を付けました。
3.5インチセミスキナーですね。

DSCPDC_0003_BURST20180407144156908_COVER.jpg

12インチホイールのホローグラインドです、うちのグラインダーでは最大径のホイールですね。


DSC_1276.jpg

DSC_1277.jpg

ベルトグラインダーとは言え、ただ斜めに当てて横に引けばよいというものではないのですよね、これが。
3次元的な当て方と言うか、やや複雑なグラインドが必要になります。

でも久々にバリバリ削って気分良かったですね。
やはりグラインドが一番楽しいですね。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Dragon Claw #5 シース完成
2018-04-05 Thu 03:53
出来上がったのでカートに上げました。

DSC_1257.jpg

DSC_1259.jpg

DSC_1261.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
切出し小刀 ベベルのグラインド その2
2018-04-05 Thu 03:50
プラテンでざっくり削って、ダイヤモンドヤスリで平面を出します。
この小さい面積をプラテンのみではやはり難しいので。

DSC_1254.jpg

DSC_1255.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Dragon Claw #5 シース作り その8
2018-03-25 Sun 19:37
例によって「ものずきのタレ」に浸けます。
私の場合、中子に滲み切るまで浸けて、2週間位干します。

DSC_1211.jpg

DSC_1212.jpg

DSC_1216_2018032519343165a.jpg

DSC_1217_20180325193433640.jpg


別件ですが、ナイフメイカーズバイス新調しました。
これで大型ナイフも余裕です!

DSC_1213.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Dragon Claw #5 シース作り その7
2018-03-25 Sun 02:44
乾いたので木端を仕上げます。
ベルサンで800番位まで削って、木端仕上剤を塗り、1200番位まで手磨き、また塗りを2回ほど。

DSC_1206.jpg

DSC_1207.jpg

DSC_1208.jpg


これはウェットフォームなどに使うアイアンウッドのヘラ?です。
某ベテランメーカーさんから、導管のないアイアンウッドが良いと教えてもらいました。

DSC_1210.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Dragon Claw #5 シース作り その6
2018-03-23 Fri 21:15
縫い穴を開けて縫製、ウェットフォームまでです。

DSC_1200.jpg

DSC_1201.jpg

DSC_1202.jpg

DSC_1203.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Dragon Claw #5 シース作り その5
2018-03-22 Thu 21:57
位置を慎重に合わせて中子を接着します。
ポイント付近に隙間ができないように注意。

DSC_1196.jpg

クリップの内側にはクッション性のあるテープを貼ってあります。
そうしないと跡が付いてしまいますので。

接着剤が硬化したらある程度木端を整えて縫製です。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Dragon Claw #5 シース作り その4
2018-03-21 Wed 16:25
中子を貼る前に仮のウェットフォームをします。
いつもはここで中子を貼っちゃうんですが、今回は思うところあって。

DSC_1194.jpg

DSC_1195.jpg

ここでナイフの実物を当ててみて、中子の位置を軽く罫書いておきます。
乾いたらその位置に接着して縫製ですね。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Dragon Claw #5 シース作り その3
2018-03-18 Sun 21:10
続きです。

DSC_1169.jpg

ここはペーパーがけの後、少し擦って滑らかにしておきます。


DSC_1184.jpg

縫い穴を開けます。


DSC_1185.jpg

糸が沈む深さに溝を掘っておきますね。


DSC_1187.jpg

縫ったらプラハンで叩いて亜麻糸を沈め、念の為木端仕上剤等で固めてしまいます、ナイフのポイントが引っかからないように。


DSC_1186.jpg

刻印と水抜き穴を開けておきます、忘れると後で面倒ですのでご注意。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Dragon Claw #5 シース作り その2
2018-03-16 Fri 14:59
高温の水蒸気に当てて表面をやや固くします。
火傷に気をつけて。

DSC_1165.jpg

湯気が引いて乾いたら、ペーパーで擦るとそこそこツルツルになります。
少し変色しますが、タレにつけると分からなくなるので問題ありません。

今しか出来ないところは木端を仕上げておきます。

DSC_1168.jpg

木端仕上剤を塗って磨いて塗ってを何度か。
ここで手を抜くと後で残念な気分になるので…
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
切り出し小刀 ベベルのグラインド
2018-03-15 Thu 05:01
どのくらいの角度がいいですかね、食い込み良すぎても困るとのことでしたので。
一般的には28°前後らしいですが…?

DSC_1155.jpg

この段階で18°、かなり鋭角です、裏スキは入れません。
さすがに鋭角すぎるのでもう少し立てる予定です。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Dragon Claw #5 シース作り
2018-03-12 Mon 04:49
しばらく製作するリソースが確保できなくて遅れていますが、なんとか着手しました。

DSC_1145.jpg

型紙を作る。


DSC_1146.jpg

シース本体、中子の革の切り出し。


DSC_1147.jpg

ベルトループ部のテーパー加工。


DSC_1149.jpg

中子のテーパー加工。


今日はここまでですね。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
TETE HOMME 肩掛けバッグのスマホホルダー交換
2018-03-11 Sun 09:46

肩紐に携帯ホルダーが付属していたなのですが、このスマホ全盛のご時世、これではスマホが当然入らないないわけで…

DSC_1142.jpg


それでスマホが入るサイズで、肩紐に取り付けられるタイプの別売り品を探したのですよ。

DSC_1143.jpg


大きさはこんな感じ、3倍位ありますね。
Xperia XZ Premiumにスマホカバーをつけても入るサイズですので、まぁ大きいわけです。

DSC_1141.jpg


肩紐に付けてみたところ。
斜めに肩にかければ胸の当たりに来るわけですが、結構邪魔かも(;´Д`)

DSC_1144.jpg

でもマジックテープ式のベルトとカラビナの2つで固定されているので、安心感はありますね。
色合いもそう強烈な違和感もないし、まぁ良しとしますか。



関連記事
別窓 | 買物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 心の上澄み | NEXT