ナイフ製作・渓流ルアーフィッシング・燻製
オーダーメイド、その他販売も一時的に受付を休止させて頂きます
2017-05-31 Wed 00:00
掲題の通り、販売や受注を一時的に休止させて頂きます。

公私多忙の為ですので、大方の目処が付きましたら再開させていただきますので宜しくお願い致します。


※2017/4/11現在、既に受付分は対応させて頂きます。
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
今日の作業
2017-04-30 Sun 19:41
サグラダ・ファミリア3号はハンドル材の接着完了まで。
アクリストーンのスペーサーには隠しピンを入れます。

DSC_4513.jpg

DSC_4517.jpg


「トラウト」S&Lサイズ。
1200番で研磨中。

DSC_4515.jpg


シース用の革が3枚届きました。

DSC_4518.jpg


暑かったですね。

DSC_4519.jpg
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
いろいろ
2017-04-30 Sun 09:00
時間の確保が難しいですが、少しずつ。

トラウト(S)は1200番で研磨中。

DSC_4507.jpg


サグラダ・ファミリア3号はハンドル材の接着中。

DSC_4497.jpg

DSC_4501.jpg

DSC_4505.jpg
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
スタッグ・ボーン
2017-04-23 Sun 21:50
一組仕入れてみました。

P1000027_R.jpg

パッと見ではイミテーションとは気づかない勢いですね。
これで2,500円です、サンバースタッグの何分の一の価格ですが、なかなかどうしてカッコイイじゃないですか。

そのうち、このハンドル材をつけた切り出しも作ってみたいと思います。
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
試製切り出し刀 木鞘 一応完成
2017-04-23 Sun 21:47
鞘のメリハリが弱いですね、もう少し角を立てた方が良いかも?

P1000024_R.jpg

P1000025_R.jpg

P1000026_R.jpg

もう一点課題が。

鞘の上下が分かるようにしないと、上手く入りません(当たり前)。
マークサイドにモザイクピンでも入れますかね?
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
試製切り出し刀 木鞘 あと少し
2017-04-16 Sun 19:12
鞘もハンドルに同じく八角形にするべきですね、これは。

P1000020_R.jpg

P1000021_R.jpg

P1000023_R.jpg

P1000022_R.jpg

別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
試製切り出し刀 木鞘 更に続き
2017-04-13 Thu 21:07
フリクションのかかる所に象牙の端材を貼ってみました。

DSC_4450.jpg

摩擦係数と耐久性のバランス…どうなるかな。
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
トラウト ハンドル材の選定
2017-04-05 Wed 04:14
玉葱染めの蝦夷鹿角を予定していましたが、アイアンウッドも用意してみました。

DSC_4424.jpg

DSC_4425.jpg

DSC_4429.jpg

インプルーブド的なハンドル形状なのでウッドはやりやすいのですが、鹿角も捨て難い…
うーん。
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
忘れてはおりませぬ
2017-03-30 Thu 03:16
「OceanUtility(仮題)」と「セミスキナー(仮題)」ですね。
SPG2とVANADIS-4という難加工かつ高級材。

DSC_4415.jpg

ハンドル材未定。
でもOceanUtilityは人工素材にカイデックスかなぁ、海で大型の青物をシメる想定ですからね、フィッティングもステンレスかチタンですね。

お次は鈴木寛さんデザイン提供の「トラウト」Lサイズ(3mmフラット)、Sサイズ(4mmホロー)です。
鋼材は440C、既に熱処理済みです。

DSC_4416.jpg

ハンドル材は実は未定です、それで進行が止まっているのです。
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
桐油
2017-03-28 Tue 04:00
ハンドル材に塗ったり、塗りながら磨いたりするオイルです。
オイルは乾くと塗膜となり、いい艶も出ます。

DSC_4419.jpg

以前使ってたものは容器の密封性が悪かったようで、全部固まって使いもにならなくなりました(^^;
此処のメーカーのは亜麻仁油使ってますが、かれこれ7年くらい使えているので、また同じブランドにしてみました。

亜麻仁油や桐油、銃床油は乾燥時に発熱するので、拭き取った布やティッシュを捨てる時は要注意です、発火の恐れがありますので。
取扱説明書をよく読み、十分注意して扱いましょう。


別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
試製切り出し刀 木鞘 続き
2017-03-27 Mon 05:59
更に進行中です。

DSC_4404.jpg

DSC_4408.jpg


ですが、材料のサイズというか設計的に、ピンを打つ余裕がなくなってしまいました。
なので、ピンを打つのではなく、側面に溝を切って竹なり金属なりを埋め込もうと思います、詳細は次回また画像をアップしようと思います。

DSC_4409.jpg
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
試製切り出し刀 木鞘
2017-03-25 Sat 23:47
ハンドルと共材(カメルーンエボニー・真黒)の木鞘を作ります。
くり抜きなので基本的に卓上フライスでの作業が多いです。

DSC_4394.jpg

DSC_4395.jpg

DSC_4397.jpg

摩擦の強さと摩耗の関係、悩ましい…
金属でも貼りますかね。
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
試製切り出し刀 ハンドルのチェッカリング切り
2017-03-20 Mon 16:16
難しいです。
台形のハンドル材の山の方にだけ切るのですが、稜線に沿って溝の切れ目が見えるわけですよね、それが深さにムラがあると均一にならないのです。

DSC_4377.jpg

しかしこのデザインはいつ見ても無骨で渋い…

DSC_4378.jpg

機能上は問題ないのですが、もっとキリッと入れられたらなぁ…
何か治具を考えるべきですかね。

あ、台形ハンドル材の斜面部分をもっと攻め込めば、きっと良い感じになる予感が。
近々やってみます、まだ削り代に余裕があるので。
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ペティナイフ 完成
2017-03-09 Thu 20:45
名入れを終えて完成です。
この個体はすぐお嫁に行きます。

P1000010_R.jpg

P1000011_R.jpg

P1000012_R.jpg

P1000013_R.jpg

P1000015_R.jpg
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
スチールラック
2017-03-07 Tue 02:20
工房が手狭になってきたので導入です、MonotaRO製品。

mono08598922-080521-02.jpg

900x300x1500mmですな。
耐荷重は120kgだそうです。
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
名入れへ
2017-03-07 Tue 02:18
作りかけのもありますが、3本送り出しました。

DSC_4347.jpg

ペティは完成しているので名入れ後すぐに嫁に出します。
試製切り出しはチェッカリングを切らなねばなりません、それで完成。
サグラダ・ファミリア3号はハンドル材の取り付けですね。

たまっていたブランクが徐々に完成しつつあります、まだまだあるんですけどね(^^;
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ヒートガン
2017-03-07 Tue 02:13
某所で1,680円でした(笑)
今度からカイデックスシースも作れるように、徐々に機材揃えます。

DSC_4340.jpg


別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ABU Garcia Ambassador 5500C セラミックベアリング
2017-03-01 Wed 06:04
HedgehogStudio製です。
スプールを支持する2つのベアリング。

DSC_4314.jpg

しかし、いくら高性能なベアリングを搭載しても、フレームが歪んだりしてるのでは、ちょっと。
かと言って自分でフレーム修正は無理。

ここは本職の方にOHに出しますかね。
と、その前に、浅溝スプールも仕入れてからにしようかな。


別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ペティナイフ 概ね完成
2017-02-26 Sun 20:21
見落とした傷を磨きとって、名入れを施したら完成です。

DSC_4325.jpg

DSC_4326.jpg


試製ペティナイフ#1

【スペック】
 刃長:11.7cm
 全長:25cm
 刃幅:2.3cm
 刃厚:1.5mm
 重量:75g
 鋼材:ATS-34 コンベックスグラインド ヘアラインフィニッシュ 
 ハンドル材:ホワイトペーパーマイカルタ
 フィッティング:SUS304ステンレス ヘアラインフィニッシュ
 シース:無し
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ペティナイフ ハンドル荒成形 ボルト打ち込みまで
2017-02-21 Tue 21:11
フィッティングは総ステンレスです。
ハンドル材はホワイトペーパーマイカルタ。

DSC_4307.jpg

DSC_4308.jpg

DSC_4309.jpg

別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
サグラダ・ファミリア3号
2017-02-21 Tue 20:05
えーっと、ネーミングの通り、紆余曲折してなかなか出来上がらないナイフの3本めです(2号はハンドル材準備中、1号と同じ仕様の予定)。
CV-134、4mm、ホローグラインドですが、ベベルストップを削り抜いて3mm以下にしてます。

DSC_4302.jpg

ユーティリティーぽい感じですが、キャンプのテーブル周り想定です。
とても薄くて鋭いですが、タフさはないので…


DSC_4306.jpg

仕上げは1500番のヘアラインフィニッシュ。


DSC_4303.jpg

テーパードフルタング。


DSC_4305.jpg

立ち上がり、削り抜けてますね。


次の工程はヒルトの成形、接着、カシメです。
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Stream(仮題)
2017-02-20 Mon 05:42
新型です。
3.5インチと3インチですが、3インチだけ作る予定。

DSC_3859.jpg DSC_4298.jpg

これのデザインのベースは鈴木寛さんにいただいたものですが、縮尺や比率を変更してあります。
詳細は完成時にということで。
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
試製切り出し刀 ハンドル成形中
2017-02-12 Sun 19:47
このあと少し研磨してチェッカリングを入れます。

DSC_4283.jpg

DSC_4281.jpg

DSC_4282.jpg
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ペティナイフ ハンドル基準面出し
2017-02-12 Sun 05:38
成形の基準となる面を作ります。
白くて上手く写らない(^^;

DSC_4267.jpg

DSC_4266.jpg
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
セミスキナー(仮題) ヒルト材の穴あけ
2017-02-07 Tue 22:29
BOHLER K-990を自家焼きしたブレードです、頑張って刃紋出してます(^^;
Nakamura Kouji氏デザイン。

DSC_4254.jpg DSC_4256.jpg

卓上型の小型フライスで穴を開けました、小さくてもこのくらいはOK!


DSC_4255.jpg

今回のヒルトは銅と、りん青銅でニッケルシルバーをサンドしたものの2種類です。
ボルトやパイプも当然りん青銅で行きます、ハンドル材は瘤材じゃないデザートアイアンウッドで大体決まり。


別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ペティナイフ ハンドル材接着
2017-02-07 Tue 22:20
白色の弾性のやつで行きます。

DSC_4251.jpg

DSC_4253.jpg

明日まで硬化待ちです~
その合間に別の作業を…


別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ペティナイフ 接着前準備
2017-02-06 Mon 02:13
超硬ドリルでピン穴を2つ開けて、ハンドル材の外形をザックリ削りました。
本当は熱処理前に支度しておくものですが、ピンを打つことを決めたのが熱処理後でしたので(^^;

DSC_4244.jpg

ハンドル前面の削りどうしようかちょっと迷ってます、少し傾斜つけようかな?
だとすると接着前にしておかないといけないですね、削りにくくなるので。

あと接着剤は弾性系ので行こうと思いますが、位置合わせのピンが抜けなくならないか心配しいるところです。
エポキシくらいだと軽くピンポンチで叩けば抜けるんですがね…556でも塗っておきますか。
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
超硬ドリル2.05mm
2017-02-04 Sat 04:24
2mmの穴に2mmのピンは入らないわけで。
微かに大きい穴が必要なわけです。

DSC_4238.jpg

これは超硬ですので、焼入れ鋼にも穿孔できます。

シュナイダーボルトなんかはボルト側が若干細くなっているようですが、ピンはそうではない傾向ですね。
でも、接着剤が微かな隙間に入りますし、空気圧で対抗側のボルトが押されて締めにくかったりしますよね(笑)

別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ヒルトレスナイフのハンドル材調整用治具?
2017-02-01 Wed 22:45
治具というか単なるピンなのですが。
微妙な太さ調整を施してありまして、すんなり入ってすんなり抜けますが、途中で止まるように、緩い段付きになっています。

DSC_4231.jpg

DSC_4230.jpg

画像に写っているのは5mmと6mmのバージョン。
両面テープと併用して、2枚のハンドル材の穴の位置合わせ、端面の揃えなどに便利です。
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
試製切り出し刀 ハンドル材準備
2017-02-01 Wed 22:13
カメルーンエボニー(真黒)です。
テーパーなしのフルタング、ヒドゥンボルト。

DSC_4227.jpg

DSC_4228.jpg

DSC_4229.jpg

仕様上はテーパードタングなら尚良し、だったと記憶していますが、今回はつけませんでした。
このあと接着してハンドルの成形です、八角形にしてチェッカリングも入れます。
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 心の上澄み | NEXT