ナイフ製作・渓流ルアーフィッシング・燻製
鮭冬葉作り 3rd
2017-02-09 Thu 04:29
これで今期は終わりです、ありがとう小国川!
また来季釣らせてください。

DSC_4236.jpg

DSC_4249.jpg

DSC_4252.jpg
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
鮭冬葉作り 2nd 完成
2017-01-28 Sat 04:10
タレを変えた効果があったようです、こちらのほうが好評です。
でも見た目は黒っぽくなって、あまり美味しそうじゃないですがね(笑)

DSC_4197.jpg DSC_4200.jpg

3rdも同じ仕様で行きます。
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
鮭冬葉作り 2nd
2017-01-13 Fri 03:34
タレの配合を変えてみました。

DSC_4096.jpg

さてどうなりますかね~

DSC_4103.jpg
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
鮭冬葉作り 1st 完成
2017-01-11 Wed 04:52
干し終わった冬葉を、ナラのスモークウッド1/2本で冷燻したら完成です。

DSC_4077.jpg


良いですね~この照り照りの艶!

DSC_4081.jpg

あと2回作りますが、寒いうちに作り終えないと、暖かくなるとハエが出たりカビたりするので注意ですね。
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
鮭冬葉作り 1st
2016-12-28 Wed 07:06
この時期の恒例行事です。
雪が降ってからだと、蝿も肉食性の蜂も居なくて気温も低いので、カビたりせずに美味しい鮭冬葉が出来ます。

まずは10月に釣ってきた鮭を解凍して細切りにします、皮は取らないでそのまま秘伝のタレ(?)に一晩浸け置きます。

DSC_3992.jpg

フックに皮ごと刺して、屋根付きのベランダで、約2週間~3週間。

DSC_3997.jpg

この寒空が良いのですね~。

DSC_4001.jpg

雪が吹き込んでくるようだたら、鮭が濡れてしまうので覆いを付けますが、上がったら外しておきます。

DSC_4002.jpg

干し上がったらスモークして完成ですが、その工程はまた今度。
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
秋の恒例行事
2016-10-16 Sun 05:29
先般、芋煮会やりましたよ。
締めのうどんも満足でした~(^^)

DSC_3691.jpg

尾上製作所の焚き火台と、芋煮専用の大鍋がいい仕事しました!

DSC_3686.jpg

DSC_3692.jpg

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
コシアブラ、山葵
2016-04-22 Fri 16:50
いずれも旬の味覚ですね~(*^_^*)

DSC_2642.jpg

DSC_2583.jpg

DSC_2585.jpg


DSC_2609.jpg

DSC_2611.jpg
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
納豆汁
2016-01-07 Thu 21:00
この辺りの郷土料理の一つです。
冬はこれが暖まりますな~

七草粥の代わりというわけではありませんが、個人的には、雑煮よりもこちらの方が好きですね。

DSC_2022.jpg

DSC_2021.jpg

_20160107_165300.jpg
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
第二弾 完成
2016-01-05 Tue 20:33
ナラのスモークウッドで冷燻して出来上がりです。

DSC_2013.jpg

DSC_2016.jpg

長モノ専用スモーカーが凄く便利ですな~ 
最大1m位の食品まで燻せます。

スモーカーは合計3台持っています(笑)
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
第二弾 順調
2015-12-30 Wed 15:34
正月明けに燻して完成ですね。
濡らしたらお釈迦なので、吹雪に注意しなければ。

DSC_1963.jpg
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
第二弾をセットしろー
2015-12-24 Thu 14:36
冬葉、2クール目です。
完成は来年だなー

DSC_1920.jpg

DSC_1921.jpg
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
完成
2015-12-19 Sat 10:17
今年の冬葉もいい出来です、少し甘目の味付けと半生っぽさが秘訣。
ガスかレンジで少し加熱して、皮を剥いて食べると吉、剥いた皮も少し炙ってやれば食べられます。

DSC_1890.jpg
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
モクモク…
2015-12-19 Sat 01:23
ナラのスモークウッドで冷燻してフィニッシュです。
一晩置いたら食べられます、楽しみ~♪(´ε` )

DSC_1879.jpg

今年の冬葉も美味しく出来ますように(-∧-)
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
雨が多い…
2015-12-17 Thu 21:17
例年ならとっくに積雪があって真っ白な世界なのですが。
雨ばかりです。

DSC_1872.jpg

ベランダの隅なので直接雨は当たらないんですが、飛沫が飛んで来るんですよね。
冬葉が濡れてはかなわないので、プチプチでカバーしてます、これじゃ乾くのも遅くなるなー
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
鹿肉カレー
2015-12-07 Mon 21:23
残っていた鹿肉全部使ってカレーを作りました。

DSC_1830.jpg

DSC_1831.jpg

DSC_1833.jpg

DSC_1834.jpg

臭みも少なく柔らかく、美味しいカレーになりました(*^_^*)
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
乾燥中
2015-12-07 Mon 05:12
鮭冬葉干してます。
大体10日~2週間位干して、ナラのスモークウッドで冷燻したら完成です。

DSC_1820.jpg

P1030944.jpg

気温が低くて乾燥していて、尚且つ蝿なども居ない、理想的な環境です。
美味しく出来上がりますように。
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
恒例のアレ
2015-12-04 Fri 22:01
12月に入って氷点下を記録する日もチラホラ。
蝿も居なくなりましたので、鮭冬葉第一弾の仕込み開始です。

DSC_1813.jpg
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ラク
2015-12-04 Fri 01:04
トルコ土産のお酒です。
RAKIと書いてラクと読むようです。

DSC_1809.jpg

アルコール度数35%あるので、結構強いです。
氷で冷やした水で割って飲むのが基本だそうで、早速やってみます。

DSC_1811.jpg

おお~白濁するんですね。
どれどれお味の方は…

なんとも強烈な香り、歯磨き粉とミントの中間のような…でもカクテルっぽくて甘いですな。
飲めないことはないけど、毎日飲みたいお酒ではないかもねぇ(^_^;)
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
鹿肉祭り
2015-11-18 Wed 01:37
鹿肉いただきました。

DSC_1767.jpg

当然クール便で。
包丁じゃなくてナイフで捌きます、こっちの方がやりやすい。

DSC_1775.jpg

まずは鹿刺し!

DSC_1779.jpg

鹿焼き肉!

DSC_1778.jpg

スジや固いところを圧力鍋で煮込みに。

DSC_1776.jpg

P1030890.jpg

3種とも美味しゅうございました。
山の恵みと、肉をくださったナイフメイカーさんに感謝です。
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ガーベルデリカテッセン
2015-10-24 Sat 19:54
二度目の来店です。

DSC_1693.jpg

チョリソー。

DSC_1700.jpg

イタリアンコッパ。

DSC_1699.jpg

ドイツサラミ。

DSC_1698.jpg

僕がまだかなり若い頃からあるお店なので、それなりに年数は経っていると思います。
味は絶品。

そう高い価格設定ではないので、まずはご自身でお試しあれ。

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
芋煮会
2015-10-05 Mon 22:17
今年初の芋煮会を、自宅の庭にて開催です。

DSC_1602.jpg

DSC_1608.jpg

天気も程よく、芋煮も美味しく、緩やかな時間を過ごせました。
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
簡単 酒の肴レシピ
2015-04-12 Sun 03:30
雄流 「イカのワタ和えホイル焼き」 です。
調理時間およそ30分、簡単で美味しいレシピです。


①イカをさばいてワタを取り出します。
 ワタは適量の醤油とよく混ぜておきます。

 イカの身や下足は適当に食べやすい大きさに切って、ワタと混ぜます。
 皮を剥く必要はありません。

DSC_0753.jpg

②ワタと和えたイカをアルミホイルに入れて、薄切りにしたネギとバターを
 一緒に包みます。
 量はお好みで、適当でいいですw

DSC_0755.jpg

③ガスかオーブンで中火で約20分焼きます、焼き過ぎると固くなるので注意。
 これだけで完成です!

DSC_0756.jpg

ビールによし、焼酎によし、日本酒によし、簡単で美味しい肴です。
スーパーで安売りしている冷凍イカで十分ですので、お是非一度お試しあれ。
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
熊汁 完成
2015-03-25 Wed 20:00
2日がかりで作りました熊汁、実に美味しく出来上がりました。

DSC_0688.jpg

脂身も柔らかくトロトロ、野菜やキノコとの相性もバッチリ!
熊肉を下さったNさん、レシピを教えて下さったYさん、ごちそうさまでしたm(__)m
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
鹿肉 熊肉
2015-03-24 Tue 19:50
どちらもいただき物です、僕はナイフは作りますが、自分で猟はやりませんので。

DSC_0674.jpg

鹿肉はカレーにしました。
圧力鍋で煮てるので、柔らかく、癖もなく美味しかったです。


DSC_0684.jpg

熊肉は圧力鍋で生姜と一緒に下茹で中。
結構臭みがありますので、下茹でしてから調理します。

明日が楽しみ~
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ベーコン
2015-03-20 Fri 20:42
4時間ほど温燻して、完成しました。

DSC_0653.jpg

DSC_0654.jpg

DSC_0663.jpg

DSC_0669.jpg

下の方が少し火が通り過ぎてしまいましたが、上の方はなんとかベーコンの体裁を保っている感じです(^_^;)
火加減って難しいですね~
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
久々のベーコン
2015-03-17 Tue 00:32
仕込んでます。

DSC_0630.jpg

DSC_0637.jpg

DSC_0639.jpg

DSC_0638.jpg

DSC_0640.jpg

数日浸け込んだら燻します。
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
柑橘系
2015-02-22 Sun 00:26
いただきものです、どちらも美味しい、南国のフルーツ。

DSC_0556.jpg

タンカン。
ポンカンとオレンジの交配種だそうです、オレンジに近い味で美味しい(´ω`)
みかんは苦手ですが、タンカンは食べられる不思議(僕の場合)w


DSC_0561.jpg

文旦。
こんなデカい文旦は初めて見ました!

別名ザボン。
八朔に似た食べ方をしますが、こちらの方がやや酸味が効いてて爽やかな印象です。

送って下さった方々、ごちそうさまでしたm(__)m
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
圧力鍋新調
2015-02-18 Wed 21:50
パール金属製、H-5042です。
容量は5.5リットル。

DSC_0549.jpg

何を煮込みましょうかね、何でも軟らかく煮えますからね~(*´ω`*)
牛頬肉の赤ワイン煮とかいっちゃいますかね。


パール金属 クイックエコ 3層底切り替え式圧力鍋5.5L H-5042パール金属 クイックエコ 3層底切り替え式圧力鍋5.5L H-5042

パール金属(PEARL METAL)

商品詳細を見る
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
甘い甘い
2015-02-18 Wed 21:44
国産、と言うか、地元産の蜂蜜をいただきました。
この辺で養蜂をしてる人なんて居たんだ~

DSC_0540.jpg

ひとまずパンにでも塗って食べてみますかね。
期待大です(*´ω`*)
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
久々のスモークビーフ
2015-02-03 Tue 01:09
ローストビーフの燻製バージョンみたいなものです。
下味ももちろんついていますので、ソースなどは不要です。

DSC_0483.jpg

牛もも肉のブロックを、ソミュール液に一晩だけ浸けます。
ソミュール液のレシピは、水500ccに塩35g、三温糖30g、その他香辛料適量、ティーバッグタイプのブーケガルニ、赤ワイン400cc、パイナップルジュース100ccなどです。

あ、パイナップルジュースは煮沸が完了して冷めてから入れること。
そうしないと、肉を柔らかくする酵素、ブロメラインが死んでしまいますので。

逆に赤ワインは入れてから煮沸すること。
アルコールが残ってしまいますので。

ちなみに、この塩分は塩抜き不要の濃度です、薄味がいい人は25~30g位でもいいかも。
更ににんにくと玉ねぎのスライスを入れます。

DSC_0488.jpg

今回は小型スモーカーです、小型とはいえ1mmのSUS304ステンレス鋼板の屈強なスモーカーです。
熱源は600Wの電熱器。

DSC_0490.jpg

熱燻で一気に表面だけ火を通します。
80度~100度で1時間ちょっと、肉の大きさ次第ですね。

DSC_0494.jpg

半生な仕上がり、まずまずです。
個人的にはもっと生でよかったんだけど。

でもこいつらは全部親父の仲間内の飲み会へ嫁に出すので、僕らは食べられませ~ん( ;∀;)
僕は雇われ燻製師かっての!(笑)
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 心の上澄み | NEXT