ナイフ製作・渓流ルアーフィッシング・燻製
炉 復活しました
2010-11-28 Sun 06:34
7月の土砂崩れで破壊された焼入れ用の炉ですが、ようやく復活しました。

2010112409530000.jpg

2010112715370000.jpg

2010112715420000.jpg

なお、今回の炉再建にあたっては、秋田の「米田鍛冶刃物屋」さんの米田様より、部品の提供及びアドヴァイスをたくさんいただきました。
ありがとうございました。

FC2ノウハウ
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
逆襲のエゾシカ
2010-11-22 Mon 15:09
9月に染色してみた蝦夷鹿の角ですが、少し磨いてみました。

CIMG7233.jpg

画像上が染色していない鹿角、下が染色後に少し磨いた鹿角です。
(双方共に透明なエポキシ樹脂を含浸させてあります)

CIMG7234.jpg

結構深く染まっていまして、磨くとグラデーションが出て、一部飴色になります。

CIMG7235.jpg

しかも染色剤は玉葱の皮、毒性・臭いなどもありません。

人工着色については賛否が別かれるところではありますが、ここまできれいに染まるならアリかも。
サンバースタッグは価格が厳しいですし、蝦夷鹿でこの美しさが出せるなら、これはこれで良い物ですね。
ジグドボーン等に比べれば加工レベルは低いので、一般家庭でも簡単に染色できますし。

FC2ノウハウ
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
鮭トバ
2010-11-16 Tue 18:43
先日釣った鮭ですが、普通に食べると脂が少なく、また旨味成分(?)も減っているのか、正直なところ「激ウマ」とは行かないです。
海で捕った鮭は赤身で脂が乗っていますが、川を上りきった産卵直前、産卵後の個体は、ピンク色の身で、火を通すと白くなります。
食感は多少パサつく感じ…。

しかし、捕ったからには美味しくいただかなければ。
というわけで、今回は残った鮭をトバにしてみました。

2391739_840969598_3large.jpg

3枚におろした身を、3cm角程度に細切りにし、醤油と酒3:1+みりん少々程度の液に浸け込みます。
鱗引き、皮引き不要です、今回は腹骨も取りませんでした。
3cmは太く感じますが、干すと半分以下になるので、ちょっと太めでOK!
ラップで蓋をして冷蔵庫で一晩放置。

2391739_840969623_222large.jpg

皮を貫通させて針金のフックに掛け、風通しの良い場所に干します。
(鮭の皮は硬いので、千枚通しなどで下穴をあけないと厳しいです、また身だけだとすぐちぎれます)

勿論雨が当たらない場所で。
11月の冷たく乾いた風が、鮭を引き締めてくれますように。

2391739_840969944_100large.jpg

およそ3日後。

2391739_840970080_137large.jpg

だいぶ鮭トバらしくなってきました。
向こう側(皮の方)から見ると、ブナ模様(婚姻色)が残っていて、ヤマカガシみたいに見えたりもします^^;

2010110816220000.jpg

1週間ほど干したら、ナラのスモークウッドで軽く燻します。
加熱は不要、スモーカーに入りきらないので適当なダンボール箱で燻してます。
進誠産業のスモークウッド1/2本を使用しました。
ウッドの種類はお好み次第ですが、個人的には魚にはナラです。
サクラは肉系に。

2010111219570000.jpg

スモーク後、一晩そのまま放置して完成。

塩加減も程よく、また脂がベタベタしない、食べやすい鮭トバになりました。
お好みで塩水+みりんなどでもいいと思います。
(元来は海水らしいですが)

干す期間も、半生程度が僕好みですが、カチカチになるまで干してもOKでしょう。
食べるときは軽く炙らないとしんどいですが、日持ちは良くなります。
関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
改造のご依頼
2010-11-06 Sat 00:50
現在作業中の改造ご依頼品です。

改造前のナイフと改造内容の説明メモを送っていただきました。
マイカルタハンドルにパイプ3本でカシメ、表面はサンドブラストのようです。

CIMG7164.jpg

M社の大型ナイフですが、この個体はプロトタイプらしく、鋼種等詳細不明とのことでした。
メーカーロゴもパッと見入っていないように見えます。
このナイフは元々ダブルエッジで設計されていますが、これは両側ともに刃を削り落とされており、物を切ることは出来ない状態でした。


作業中の画像。

CIMG7167.jpg

まずはピンを抜いてハンドル材を剥がし、タング部分をご要望に沿って成形します。

CIMG7176.jpg

CIMG7178.jpg

ブレードバック(背側)は、ちょっとやそっと砥いでも容易に刃付けできないよう、数ミリ厚になるまで削り落としました。
刃引されているとはいえ、担当官次第では「砥げばすぐに両刃になるのでNG」と判断される、グレーゾーンを完全に回避するためです。

逆側はちゃんと切れるように刃付けを施します。

CIMG7212_convert_20101105235555.jpg

表面は全体をミラーフィニッシュに変更するため、サンドブラストされている表面をすべて磨き落としますが、その前に磨きムラができないよう、タング-リカッソ-ブレードと続く面は、元からあった僅かな歪みや凹凸も可能な限り平面化します。

このサイズの熱処理済みナイフを全て磨き直すのは、かなりの時間と根気が必要です。
タング部分にどうしても消しきれない傷が、ごくわずかに存在しますが、最終的にはパラコードを巻いて見えなくなるので、あまり問題視はしていません。
(消えるまで磨くと、全体が薄くなるか、そこだけ薄くなり平面性が損なわれます)

現在600番までの研磨を終えたところです。
この後徐々に番手を上げて2000番まで磨き、それからダイヤモンドペーストによる最終研磨、ハンドルのパラコード巻きとなります。

ご依頼主様には、大変お待たせしておりますが、急いては事を仕損じますので、今しばしお待ちいただければと思います。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
ブレイブハート 2010鮭釣り隊!
2010-11-03 Wed 20:54
今年も行ってきました、寒河江川、鮭釣獲調査
参加者は昨年と同じく、シュウ、雄の2名。

前日シュウと合流し、雄宅で仮眠、明朝4時過ぎに出撃!

2010sake-024.jpg

現地では漁協の方々がお待ちかね。

まだ真っ暗で、炭火がありがたい寒さ。
受付を済ませ、身支度に入ります。

2010sake-002.jpg

調査開始の6時、各位出撃準備よろし!
いざ川の中へ。


昨年は開始30分ほどでヒットするも、今年はなかなか当たりがなく。
まぁ、鮭釣りって本来こんなもんだろう、とマターリ。

タコベイト付きのスプーンを投げては引く、投げては引く・・・


すると、ググっと鈍い感触、その後猛烈な走り!


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


昨年の鮭を凌ぐパワーとトルク、こいつはでかい!

5152351_904025827_73large.jpg

腰をしっかり入れて踏ん張らないとしんどいです。
膝、腕、全身を柔軟に使って、しなやかに。

オス鮭の下流への猛ダッシュに耐える。
相手が休んだらポンピングでじりじり寄せる。
その繰り返し。

5152351_904025820_12large.jpg

しかし、昨年よりも強烈な相手を止めることはできず、数十メートル走らされ、川の向こう側の支流に入り、スプールもやや浅くなった頃、ようやく浅瀬に座礁。
腕が痛いぜ・・・

2010sake-004.jpg

上がったのは、オス鮭80cm!
(手持ちのスミス製メジャー計測)

今年も背掛かり。

2010sake-006.jpg

金色の目が野生を感じさせる顔もいかつい。


昨年が74.5cmだったから、一気に記録更新。
先週までの寒河江川が78cmで最大なので、

俺がレコードホルダー(暫定)だぜ~!!!



すっかり気を良くし、投げる、引く、投げる、引く。

すると2匹目!


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


5152351_904025797_217large.jpg

竿を寝させるな!

5152351_904025792_101large.jpg

まさに激闘!!!



勝ったぜ!

5152351_904025789_126large.jpg

2010sake-008.jpg

オス鮭79cm!

5152351_904025783_182large.jpg

2010sake-009.jpg

さっきのより顎がしゃくれていかついな~。

5152351_904025777_163large.jpg

これでオス2匹!

2010sake-010.jpg

昨年同様、12ポンドのラインで挑んだけど、次からは14は欲しいな・・・


暫く沈黙が続くも、周りでは餌師が熱いファイトを繰り返している。

2010sake-011.jpg

延べ竿であのファイト、楽しそうだな~。

2010sake-012.jpg

そんな僕には、極小(ご苦笑)ウグイ。

2010sake-013.jpg

鮭は死んで時間が経つと黒くなりますな・・・。


シュウは同じようなルアーを同じ場所でキャストするも、なかなか当たりが来ず。
鮭釣りは運次第であると、つくづく思う。
(ヒット後のファイトは技術問題だけど・・・)


しかし、終了20分前、シュウに待望の当たり&ファイト!

メス61cmをゲット!

5152351_904025760_200large.jpg

残りの時間を惜しみながらキャストするも、そのまま終了時間へ。

5152351_904025756_249large.jpg

しかし昨年を越える釣果、

朕は満足であるぞ!

(ストリンガーが手に食い込んで重いの痛いのって・・・)


最上第二漁協の方々による計測です~。

2010sake-019.jpg

2010sake-020.jpg

2010sake-021.jpg

僕のオスは、74cm、77cmと計測されました(・・?)

手持ちのメジャーが如何に低精度(?)とはいえ、昨年とこうも違うとは。
同じメジャーで74cmだったのが昨年は74.5cmと記録され、今年は80cmが74cmと記録されました。
シュウの61cmはちゃんと61cm。
僕だけで6.5cmもの誤差、調査の意義はどれほどなのかギモ~ン。

1匹目は2匹目より大きいはずなんだけど・・・6cmも小さくなる?
漁協の計測は測定器に斜めに入れたりと、結構テキトーなので、ま、仕方ないか^^;

今回の釣獲調査全体の最高記録は78cmで、僕は2位、当日の記録は77cmが最大で、僕が首位。
あの測定だからイマイチあてにならないけど、まぁいい感じです^^;

シュウのメスは産卵済みの個体だったので持ち帰りOK。
2人で3匹お持ち帰りとなりました。


帰途の途中スーパーで買物をし、チェリーランド寒河江にて昼食を摂り、そのままキャンプ場へ。


今年は僕が芋煮を作りました。
うちの畑で取れた、掘りたての里芋、うまいぞ~。

5152351_904025721_23large.jpg

皮むきも楽し♪

5152351_904025722_236large.jpg

それぞれ長年愛用のナイフ。
高級品じゃないけど、丈夫で使いやすくて、いい連中です。

2010sake-042.jpg

アクを取って煮込みます。
ネギはあとで入れますよ。

キャンプ場では芋煮会の人々が多く、長い刃物をなかなか出せないので、鮭の調理は日暮れ後に。

5152351_904025677_144large.jpg

米田ナガサ八寸でさばきます。

5152351_904025667_108large.jpg

シュウは山差し九寸で。

2010sake-044.jpg

非常にヌルヌルするのと、このサイズを捌く機会はそう多くないので、ちょっと苦戦。

5152351_904025633_103large.jpg

味噌ダレを塗って、ホイルで上下から挟み焼き。

5152351_904025631_248large.jpg

ちょっと上面を焼き過ぎたけど、お味は上々!

5152351_904025620_241large.jpg

芋煮もネギを投入して完成!

5152351_904025635_53large.jpg

10月末の寒空に、熱い芋煮が染み渡ります。

5152351_904025626_199large.jpg

ちゃんちゃん焼きと芋煮で一杯やって、各自テントに潜り込み、睡眠を貪りました。
(To:リョウ あのグランドシート、かなり効いたわ)


翌朝、暴風雨+オジちゃん&オバちゃんの笑い声で目覚める。
荷物が吹っ飛ばされる嵐の中、どうやらここでゲートボール大会が開かれる模様。
寒いのに元気だな~。


2010sake-047.jpg

芋煮の残りにネギを足して温め直す。
味が染みた芋煮と、新しく入れたネギの味、これもまたいいもんです。

シュウのスノーピークの焚き火台は、既に夏遠征等でも活躍したが、なかか使い勝手がいい。
GEN所持のコールマンの焚き火台も欲しいが、自分はどちらにするかやや迷いが・・・。

温め直した芋煮と、焼いたソーセージとパンで朝食。
ソーセージ&パンはBHでは定番の朝食だそうな(要はホットドッグ)。
あいにくスーパーにそれしかなかったので、米粉(?)食パンですが、それもまたOK。

5152351_904025615_157large.jpg

5152351_904025612_69large.jpg

強風とぱらつく雨の中、撤収作業開始。
あまりにも寒いのでそそくさと帰りました。

雄宅へ帰宅途中、温泉で汗を流し、おみやげを買うために観光物産館へ。
その後上山市の「あららぎ」にて新蕎麦を頂く。
十割、二八、田舎そばの三種盛り+天ぷら。

2010sake-048.jpg

新蕎麦の味は格別でした。


今回も我々に鮭を与えてくれた、最上川に次ぐ山形県の母なる川、寒河江川に感謝。
来年も鮭を与え給え<(_ _)>
関連記事
別窓 | 釣り | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| 心の上澄み |