ナイフ製作・渓流ルアーフィッシング・燻製
#040-1、#040-2、#033-5 再開
2012-07-30 Mon 21:38
#044-1が熱処理に行っている間に手をつけておきます。
AAMに出す分も作らなきゃなので。

NCM_0087.jpg

NCM_0089.jpg

ひとまずヤスリがけ終わってないやつからですかね。
何気に同時製作本数多いです(*_*;
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
結局ニッケルシルバーにしました
2012-07-29 Sun 20:37
ブラスと迷った挙句です。

NCM_0082.jpg

NCM_0085.jpg

今回はなんだかスランプだったのか、隙間なく出来るまで何度も作り直してしまいました。

NCM_0073.jpg

NCM_0076.jpg

連日の酷暑で集中力が落ちてるのかも。
でもコンテスト用ですから、手は抜けませんね。

今回のハンドル材はスネークウッド、じゃなくてこれ。
(スネークはいいのがないのでボツになった。)

NCM_0072.jpg

レジンを含浸させたアンボイナバールです。
花梨瘤ですが含浸処理により強度は抜群(のハズ)ですので、コンシールドタングにも安心です。

ハンドル材次第ではフィッティングはブラスにしたんですけどね~。
個人的には花梨瘤にブラスもダメではないですが…。

ブラスは出来てすぐと経年変化した時とでだいぶ雰囲気変わりますよね。
それを見越して選択しないと、後でデザイン的にアレですよね(^_^;)
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【告知】 「荒雄アングラーズミーティング」 に参加します
2012-07-26 Thu 01:34
アングラーズクラフト展は今年以降ない、ということで、製作意欲がやや萎え気味だった僕ですが、そんな中、GENさんをはじめとする発起人さん達が、新しいイベントを企画、Mattさん経由で参加のお誘いをいただきました。

その名も「荒雄アングラーズミーティング

以下、オフィシャルブログより抜粋


日時:10/13(土)10:00 ~ 14(日)16:00
場所:宮城県大崎市 鬼首 荒雄湖畔公園


大きな地図で見る

・参加者の集合時間など
 10/13 AM8:00 テントやブースの設営をやりますので、よろしくお願いします。
 14日はイベント終了後撤収作業を行います。

・費用など
 イベント自体の参加費はありません。ただし、荒雄湖畔公園の使用料として1人¥500プラス東日本大震災への募金として¥100以上お願いします。(募金は「NPO法人 鬼首山学校協議会」を経由して被災地に役立てていただきます。)
 お客さんとして来て頂ける方は、もちろん無料です。お誘い合わせの上お越し下さい。

・宿泊について
 荒雄湖畔公園は、キャンプ場ですので、テント泊もしくは車中泊オッケーです。料金は、使用料に含まれます。
野宿がイヤという方は、近くにペンションや旅館がありますので、ご自身で手配して下さい。その場合、使用料の¥500は頂きませんので、募金のみお願いします。

・食事について
 食事は、各自用意して下さい。KINEYAさんがフードコートを開設してくれるということなので、そちらで食べることも出来ると思います。(朝食からは難しいかな?)

・親睦会
 13日夜、参加者の親睦会としてバーベキューをやります。BBQグリルや、食材、飲み物などは各自持ち寄りとします。皆に飲ませたい、食べさせたいと思うモノを持ち寄って楽しくやりましょう。

・ゴミの持ち帰りについて
 BBQのゴミその他は、各自が持ち帰って処分して下さい。

・出展について
 クラフトものなどの展示・販売は自由に出来ます。事務局で手数料をもらうこともありません。展示ブースに必要なテーブルや椅子などは、山学校から借りることができますが、持参して頂いても構いません。

・参加者って?
 今回のイベントには、クラフトマンの展示以外に、釣り人の方にも参加して頂きます。その参加者と、イベントのお客さんはどこが違うの?となりますが、荒雄湖畔公園に泊まって親睦会に参加する人が参加者になります。お客さんとして来た人も、親睦会に参加して泊まったら参加者ってことになりますね。(笑)

・企画について
 両日とも、参加者が集まってなにかする時間を作ろうと思います。
2日目は、JSCの協力でキャスティングトーナメントを開催します。1日目はオークションという話が出ていますが、今のところ未定です。

 現時点で決まってることはこのくらいです。参加表明や質問などは、メニューにあるメールフォームからどうぞ。 
 参加者される方、参加してみたいと思ってる方、お客さんとして行ってみようと思ってる方で、ホームページやブログをお持ちの方は、イベントの紹介を是非お願いします。m(__)m

以上、抜粋終わり。


もちろん僕は自作ナイフを展示・販売します。
でも、販売・展示しないで親睦会のみ参加ももちろんOK!

そして、売る気はないけど、ミノーなどを作ってる方、テーブル一つで軽く展示だけでもしてみませんか?
合同テーブルでもいいと思いますし。

あんまり肩肘張る必要のないイベントです(と僕は判断しています)ので、お気軽に。

大勢のご来場、ご参加、お待ちしております<(_ _)>
関連記事
別窓 | イベント | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
R2積層鋼材
2012-07-25 Wed 05:08
鍛造後に平面研磨したものを一枚いただきまして。

P1010359.jpg

小さくてよく切れる、綺麗なナイフを作りたいと思います。
ブレード2.5インチ(6.35cm)位、板の中央付近に一部焼きが入ってる(真ん中で溶接されてる材なので)とのことなので、コンシールドタング(ヒルトのピン無し・焼きが入ってるのでドリルが通じない)かな。

コンシールドやナローの場合、ヒルトが取れる時って、ブレード全損かハンドル全損、またはタングが折れてる時なので、ピンってあまり重要じゃない気がします。
ヒルトだけ生き残っても意味無いですからね。

R2はHRC64くらいまで行けるようです。
でもどこに熱処理依頼しようかな?

積層模様はヘアライン仕上げでも浮き出るけど、場合によっては軽くエッチングしてみようかと思っています。
ハンドル材は何にしよう、もちろん自分用ナイフにしますけど(^^)
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
#044-1 フィッティングに迷う
2012-07-25 Wed 04:05
ニッケルシルバーかブラスか。
ハンドル材はレジン含浸済みのアンボイナバールです、ブラスのほうが似合うような気もするけど…?

NCM_0057.jpg

NCM_0055.jpg

う~ん、どうしようかなぁ。
ボルトやピンやパイプも揃ってるんですよね。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ペーパーのブランド
2012-07-23 Mon 20:58
プツプツ問題ですが、3◯からSA◯KYOに変えたらあっさり解決しました。
今までの苦労って一体…

NCM_0054.jpg

ひとまず熱処理前の800番まで完遂です。


で、でも、でも!

◯M使ってる方って結構多いはずですよね!?
プツプツ問題出てないのかな!?

やっぱり、単に僕の使い方が変なだけなの!?
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
プツプツ解消?
2012-07-22 Sun 21:27
ラッピングスティックで400番で磨き直して、プツプツを消しました。
その後の600番もスティックで。

NCM_0049.jpg

スティックで磨いた後、更に当て板で軽~く磨いてみましたが、今度はプツプツは出ませんでした。
長いストロークの重研磨じゃないと出ないのかな…?

NCM_0024.jpg

解決法がわかってるのは助かりますが、原因がよくわからないのは気持ち悪いです。
とにかくスティックで磨けということか…?


NCM_0050.jpg

作りかけで放置されてるブランク。
これ以外にあと数本はあります、早く仕上げてあげなきゃ、10月はAAM(荒雄アングラーズミーティング)もありますし。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
トウホクサンショウウオの幼生
2012-07-20 Fri 23:10
うちの池に繋がる用水路に産卵してまして、それが孵ったものです。

NCM_0039.jpg

画面中央に2匹、わかるかな?
クロサンショウウオと区別がつきにくいですが、卵嚢が違うので分かります。


NCM_0044.jpg

NCM_0045.jpg

ゴーヤの生育も順調です。
2つほど実がなってます。


NCM_0029.jpg

姫は1歳を迎えて、至って元気です。
子犬の成長って恐ろしく早いですね、1年間でもう大人の体になりました。
関連記事
別窓 | その他 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
またプツプツ問題発生
2012-07-20 Fri 22:47
またです。
今回はATS-34なのに。

P1010370.jpg

今回は600番で発生、未だ除去しきれずです。
ペーパーは3M、あて板は木材です。

あーもー、ここにきてまたこれかよ、先月手がけたクロモセブンでは出なかったのに。
当て板を木に変更してから出なくなったので油断してました。

長いストロークでセンがけ方向に磨くのがまずいのかな、これを消すには一度400番に戻らなきゃ無理かな。
でもそしたら次の600番でまた出る気がするー。

原因がつかみきれず、頭が痛い問題です"/(;-_-)
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
向日葵 満開
2012-07-19 Thu 13:07
少し早いですが、満開を迎えています。

NCM_0041.jpg

高さ約2.5m、堂々たる向日葵です。
でも花はそれほど大きくありません、自重に耐え切れなくなるせいかな。
関連記事
別窓 | その他 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
#044-1 400番まで磨き終わり
2012-07-19 Thu 00:55
熱処理まであと一息です。
今回は800番まで磨いたらヒルトのピン穴を開けて熱処理に出します。

NCM_0028.jpg

サイズがサイズなので、一番手ごとに時間がかかってます。
でも地道に一歩づつ、確実に。

スティックと当て板を番手ごとに使い分けていますが、さすがに手が痛くなりますね。
腱鞘炎注意です。


余談。

NCM_0028-1.jpg

今回のナイフは、この赤い線上に、ポイント、ボルト、ソングホールのすべてが、ほぼ並ぶようにデザインしました。
これはカスタムナイフメイカー鈴木伸明さんのブログに載っていた、言わば黄金率です。

今回初めて真似させていただきました。
いつもは直感で美しいと思うデザインをしているだけなんですが、この法則は眼から鱗でした。

貴重な情報を惜しげもなく公開してくださるメイカーさんには本当に感謝ですね。
完成したらどうなるのか、出来上がりが楽しみです。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
#044-1 研磨中
2012-07-13 Fri 03:00
このナイフは完成を急ぎたいので、オイルストーンは一旦使うのを止めて、耐水ペーパー240番で磨き始めました。
(次のナイフ以降でまたオイルストーンは活躍する方向です。)

2012071217090000.jpg

2012071217210000.jpg

ルーペで磨き残しをチェックして、マジックでマーキング、あて板ではなくラッピングスティックを使ってそこを集中的に磨きます。
ここで取れない傷は、この先の番手ではなかなか取れないですので、僅かの傷でも残さないようにしないといけないです。
今回はミラーフィニッシュなので特に。
蒸し暑い中で根気のいる作業ですが頑張ります。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ゴーヤの生育
2012-07-09 Mon 03:53
花が咲きはじめたので、人工受粉しました。

2012070815540001.jpg

雌花はこんな感じ。


2012070815540000.jpg

受粉して数日、小さなゴーヤができ始めています。
わんぱくでもいい、たくましく育って欲しいw
関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
生ハム第三弾 完成
2012-07-08 Sun 15:06
燻してから1ヶ月間、セロハンに包んで冷蔵庫の中で熟成させました。

2012070807200000.jpg

少し表面に白い粉を吹いていました、塩?アミノ酸?一瞬カビかと思ってヒヤリとしましたよ(^_^;)

しかし今回は色も塩加減もバッチリ!(添加物は使っていません)
外側は乾燥して少し固いですが、中はしっとりもっちり。

暫く肴に困らなそうですw
関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
オイルストーン 使ってみました
2012-07-07 Sat 21:29
ヤスリでの切削を終えて、ABCソフトの180番で研磨を始めてみました。

2012070713160000.jpg

2012070713230000.jpg

2012070713480000.jpg

感想は以下の様な感じで…。

1.オイルストーンは研磨液をかなりよく吸いますな。まぁ当然かもしれないけど、研磨液(水溶性っぽい)が乾いたら毎回吸うのかな?

2.削れるのが早い(鋼材も砥石も)。研磨というより切削に近い勢い。大量に出る砥粒をマメに拭き取らないと削れ具合が見難い。砥石の面もすぐに偏磨耗するので面出しはコマ目にしないといけないかも。

3.耐水ペーパー+当て木と比較して、ベベルストップ、特にブレイドバック側の研磨が難しい。ヘタをするとダレさせてしまうかも。

4.リカッソやブレイドバックがうまく磨けない。ダレさせる危険あり。これはペーパー+当て木に軍配ですな。

5.オイルストーンの180番はペーパーの180番に比較するとかなり荒い(事前に知っていましたが思ったよりもっと荒い)。

6.ホルダーを使っていてもそこそこ手が痛くなります。握り方に問題があるのかも?

7.全体的にペーパーのほうがやりやすい(単に慣れ?)が、ペーパーが潰れる分のダレはオイルストーンには存在しない。

8.ベルトグラインダーで400番くらいまで仕上げちゃう人には、オイルストーン600とか800からの研磨がいいかもしれないけど、ヤスリからオイルストーンはやや難しい感じが…。

9.単純に自分がまだオイルストーンに慣れていない。


まぁこんな感じです、あくまで僕の個人的感想で、初使用での感想ですが。
なので変なこと書いてるかも。

慣れていないのは仕方ないとして、他にも使い方に問題があるのかな。
熟練者の研磨を一度見学してみたいものです。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
#044-1 ベベルストップ成形
2012-07-05 Thu 20:52
ようやくここまで来ました。

P1010346.jpg

P1010347.jpg

明日から研磨に入ります。
見せてもらおうかオイルストーンの性能とやらを(笑)
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
オイルストーン その後
2012-07-04 Wed 20:09
使用準備を整えています。

まずは砥石本体。
180、400、800、1500番です。

2012070414200002.jpg


次はあひるさんの記事にあった研磨液。

2012070414200000.jpg


そしてカスタムナイフメイカーの鈴木寛さんから譲っていただいたストーンホルダー。

2012070414250001.jpg


#044-1(ATS-34 5ミリ フラットグラインド 7インチ)で試してみる予定です。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ヒマワリ 2m達成
2012-07-02 Mon 10:53
目測ですが、僕の身長(176cm)を遙かに超えたので2m達成とします。
でもまだまだ伸びそう!?

2012070210440000.jpg

この時期は筍の如き成長速度ですね(^_^;)

2012070210450000.jpg

茎の太さもこの通り。
追肥の効果も絶大でしたね。
関連記事
別窓 | その他 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
#044-1 ブレードベベル削り終わり
2012-07-02 Mon 00:54
公私共にバタバタしてて、なかなか作業時間がとれませんでした。
で、ようやく削り終わりです。

2012070111390000.jpg

2012070111390001.jpg

これからベベルストップの成形です。
その後はオイルストーン180番から磨いてみようと思っています。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 心の上澄み |