ナイフ製作・渓流ルアーフィッシング・燻製
#033-5 熱処理前研磨中
2012-09-30 Sun 04:17
240番で研磨中です。
クロモセブン3.5ミリ、ホローグラインド、テーパードフルタング。

NCM_0302.jpg

AAMには間に合わないかなぁ…
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
#040-2も何とか出来た
2012-09-28 Fri 15:25
こちらも出来ました。

P1010457.jpg

【スペック】
 刃長:8.8cm
 全長:21.1cm
 刃幅:2.5cm
 刃厚:4mm
 重量:157g(シース含まず)
 鋼材:ATS-34 HRC62 フラットグラインド ミラーフィニッシュ
 ハンドル材/フィッティング:デザートアイアンウッド ハーフタング/ニッケルシルバー
 シース:レザー ラブレスポーチ型

P1010458.jpg

P1010459.jpg

P1010460.jpg

P1010461.jpg

刃付け、名入れ、シース、急ぎます!
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
#040-1 何とか出来た
2012-09-27 Thu 19:56
刃付け、名入れ、シースはまだですが、ナイフは一応形になりました。
AAMまであまり時間もないので、少々焦りもあります。

P1010448.jpg

ブレードおよそ3.5インチ、ATS-34、4ミリ、HRC62、フラットグラインドです。

【スペック】
 刃長:8.8cm
 全長:21.1cm
 刃幅:2.5cm
 刃厚:4mm
 重量:136g(シース含まず)
 鋼材:ATS-34 HRC62 フラットグラインド ミラーフィニッシュ
 ハンドル材/フィッティング:ムラサキタガヤサン ハーフタング/ニッケルシルバー
 シース:レザー ラブレスポーチ型

P1010455.jpg

ミラーフィニッシュ。

P1010451.jpg

ハーフタング、ピン3本で固定です。

P1010452.jpg

悩んでいたヒルト周りはこうなりました、フィッティングはニッケルシルバーです。

P1010453.jpg

ハンドル材はムラサキタガヤサン、タングが少ないのと相まって、軽量なナイフに仕上がりました。

P1010454.jpg

ハーフタングなのでタングの露出はこれだけです。


製作にあたってアドバイスいただいた、鈴木伸明さん、ものずきさん、Ben2さんに改めてお礼を申し上げます<(_ _)>
明日からもう一本の#040-2に取り掛かります、完全に同型なので作業は早いと思います。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
引き続き成形中
2012-09-26 Wed 21:27
ここまで削りましたが、迷いが生じて手が止まってます。
フィンガーグルーブとヒルト周りの削りこみ、どうしようかな、角を取るだけでも握った感じはそう悪くないんだけど…。

P1010444.jpg

P1010445.jpg

P1010443.jpg

P1010446.jpg

P1010447.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
ハンドル成形中
2012-09-25 Tue 23:08
悩みつつも削り始めました。

P1010441.jpg

ハンドルの成形って実に難しいです。
削り過ぎたらやり直しが効かないし、まぁそれはブレードもですけど…

ヒルトとのバランス、ブレードとのバランス、ナイフ全体としての趣、そして握り心地、難しいです。
片方削り終われば、もう一本は同じでいいので早いんですがね~。


車検を切って冬眠中の愛機SS900、久々にエンジンだけかけてみました。

P1010434.jpg

P1010435.jpg

P1010436.jpg

P1010440.jpg

この音たまりません。
早くまた乗りたいですな~。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
夏の終わり
2012-09-24 Mon 20:54
今年最後のゴーヤを収穫しました。
今年はプランターだったせいか、小さめのを数本しか採れませんでした、来年から露地植えにしようかな。

NCM_0289.jpg


先日墓参りに行った折、寺の大紅葉(推定樹齢数百年)を見てきました。
さすがに紅葉はまだですが、すでに実がなりはじめていましたね。

NCM_0287.jpg


そして我が家にはこんなものが納車されました。
YAMAHAの「YT-660EDJ」除雪機です。

NCM_0288.jpg

昨年の豪雪に懲りての導入です。
あまり活躍する場面がないといいのですが…。
関連記事
別窓 | 生活 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
接着完了
2012-09-24 Mon 09:47
ハンドル材の接着とピン打ち、ソングホールの接着が無事完了しました。

P1010430.jpg

P1010431.jpg

あとは成形・研磨して完成ですが、さて、どういうプロポーションにしようかな…?
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【再告知】 「荒雄アングラーズミーティング」 に参加します
2012-09-22 Sat 20:01
10237_423478764375990_1242562874_n.jpg
↑画像をクリックして拡大出来ます↑


アングラーズクラフト展は今年以降ない、ということで、製作意欲がやや萎え気味だった僕ですが、そんな中、GENさんをはじめとする発起人さん達が、新しいイベントを企画、Mattさん経由で参加のお誘いをいただきました。

その名も「荒雄アングラーズミーティング

以下、オフィシャルブログより抜粋


日時:10/13(土)10:00 ~ 14(日)16:00
場所:宮城県大崎市 鬼首 荒雄湖畔公園


大きな地図で見る

・参加者の集合時間など
 10/13 AM8:00 テントやブースの設営をやりますので、よろしくお願いします。
 14日はイベント終了後撤収作業を行います。

・費用など
 イベント自体の参加費はありません。ただし、荒雄湖畔公園の使用料として1人¥500プラス東日本大震災への募金として¥100以上お願いします。(募金は「NPO法人 鬼首山学校協議会」を経由して被災地に役立てていただきます。)
 お客さんとして来て頂ける方は、もちろん無料です。お誘い合わせの上お越し下さい。

・宿泊について
 荒雄湖畔公園は、キャンプ場ですので、テント泊もしくは車中泊オッケーです。料金は、使用料に含まれます。
野宿がイヤという方は、近くにペンションや旅館がありますので、ご自身で手配して下さい。その場合、使用料の¥500は頂きませんので、募金のみお願いします。

・食事について
 食事は、各自用意して下さい。KINEYAさんがフードコートを開設してくれるということなので、そちらで食べることも出来ると思います。(朝食からは難しいかな?)

・親睦会
 13日夜、参加者の親睦会としてバーベキューをやります。BBQグリルや、食材、飲み物などは各自持ち寄りとします。皆に飲ませたい、食べさせたいと思うモノを持ち寄って楽しくやりましょう。

・ゴミの持ち帰りについて
 BBQのゴミその他は、各自が持ち帰って処分して下さい。

・出展について
 クラフトものなどの展示・販売は自由に出来ます。事務局で手数料をもらうこともありません。展示ブースに必要なテーブルや椅子などは、山学校から借りることができますが、持参して頂いても構いません。

・参加者って?
 今回のイベントには、クラフトマンの展示以外に、釣り人の方にも参加して頂きます。その参加者と、イベントのお客さんはどこが違うの?となりますが、荒雄湖畔公園に泊まって親睦会に参加する人が参加者になります。お客さんとして来た人も、親睦会に参加して泊まったら参加者ってことになりますね。(笑)

・企画について
 両日とも、参加者が集まってなにかする時間を作ろうと思います。
2日目は、JSCの協力でキャスティングトーナメントを開催します。1日目はオークションという話が出ていますが、今のところ未定です。

 現時点で決まってることはこのくらいです。参加表明や質問などは、メニューにあるメールフォームからどうぞ。 
 参加者される方、参加してみたいと思ってる方、お客さんとして行ってみようと思ってる方で、ホームページやブログをお持ちの方は、イベントの紹介を是非お願いします。m(__)m

以上、抜粋終わり。


もちろん僕は自作ナイフを展示・販売します。
でも、販売・展示しないで親睦会のみ参加ももちろんOK!

そして、売る気はないけど、ミノーなどを作ってる方、テーブル一つで軽く展示だけでもしてみませんか?
合同テーブルでもいいと思いますし。

あんまり肩肘張る必要のないイベントです(と僕は判断しています)ので、お気軽に。

大勢のご来場、ご参加、お待ちしております<(_ _)>
関連記事
別窓 | イベント | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
芋煮用鍋新調
2012-09-21 Fri 16:58
アルミ製のツル付き鍋を買いました。

NCM_0283.jpg

このタイプは売っているところが少なくて苦労しましたよ。
でも普通の鍋やダッチオーブンと比較したら、芋煮の雰囲気は抜群ですね。
関連記事
別窓 | | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
仮組みしてみた
2012-09-21 Fri 16:55
タングのピン穴を開けて仮組みしてみました。
2ミリピン2本、2.5ミリピン1本の3本です。

NCM_0284.jpg

無事ピンも通り、大きな隙間もなく順調です。
明日本組み&接着します。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ヒルトの取り付け
2012-09-20 Thu 23:22
ヒルト材を成形し、ヒルト上面を磨き、銀色接着剤を塗り、ピンを打ってカシめ、硬化待ちの状態です。
#040-1、#040-2、2本ともやりました。

NCM_0282.jpg

明日からハンドルの取付けです。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ミラーフィニッシュ完了
2012-09-19 Wed 19:48
ブレードが磨き上がりました。

NCM_0277.jpg

NCM_0278.jpg

NCM_0279.jpg

NCM_0280.jpg

あ、#040-1のハンドル材は都合によりスネークウッドからムラサキタガヤサンに変更になりました(^_^;)
これはこれでいい木目でしょ~。
#040-2は変わらずデザートアイアンウッドです。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
JKGナイフショー
2012-09-19 Wed 10:34
JKGナイフコンテスト事務局様より、招待状のポストカードをたくさん送っていただきました。

jkg2012.jpg

なおコンテスト参加作品は全て展示される模様です、僕のナイフも展示していただく予定です。

ああ、行きたいけど、遠いのとその日は都合がつかないので僕は行けません。゚(゚´Д`゚)゚。
当日ご都合の付く方、大いに楽しんできてください<(_ _)>
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
1500番
2012-09-17 Mon 13:58
ミラーフィニッシュに向けて研磨中です。

NCM_0266.jpg

小さいナイフは研磨が楽でいいですねw
前回作ったのが7インチと大型だったので特にそう感じます。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ハーフタング用の溝切り
2012-09-14 Fri 19:28
ボール盤に丸鋸をアーバーで装着して行います。

NCM_0263.jpg

NCM_0264.jpg

このやり方は僕が考案したものではありませんが、危険だしボール盤を壊す恐れもあるのでお勧めはしません。
あくまで自己責任でどうぞ。

あとタングのアールは丸鋸のアールに合わせておかなきゃダメですよ。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
#040-1、#040-2 熱処理完了
2012-09-14 Fri 13:53
HRC62、ちょっと硬めに焼き上がって来ました。

NCM_0261.jpg

これから酸化皮膜を落として研磨に入ります。

コンテストの燃え尽き(?)と残暑のせいでモチベーションダダ落ちですが、ぼちぼち磨くとしますか。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
#033-5 ブレード研磨中
2012-09-12 Wed 21:29
80⇒180と進めました。
もう精も根も尽き果てそうです(笑)

P1010419.jpg

なんか気乗りしないで作ってるせいか作業が遅く感じるんですよね~。
タングのテーパーとかは上手く行ってるんですが、ベベルがイマイチな感じで…

一応展示予定品なので仕上げますが、どうすっかな~。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
#033-5 タングのテーパー化
2012-09-11 Tue 21:14
ベルトグラインダーと両手ヤスリで削りました。

NCM_0256.jpg

NCM_0257.jpg

ハンドル材はスネークウッドを予定しています。

NCM_0258.jpg

明日からブレードの研磨に入りますが、下地が80番なのでしんどそうです。
かといって、これ以上ベルトグラインダーで番手を上げる自信はなし┐(´-`)┌

欲を出すとまた失敗するのでこのまま手磨きに移行します。
180番くらいからかなぁ…。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
熱処理へ
2012-09-09 Sun 19:39
ヒルトのピン穴を開けて準備完了です。
大阪までいってらっしゃ~い。

NCM_0253.jpg

NCM_0254.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
尾西のアルファ米 白飯 を試食してみる
2012-09-08 Sat 06:43
尾西のアルファ米試食、最終回です。

例によって袋を開封し、スプーンと脱酸素剤を取り出したら、熱湯を入れて20分待つだけ。

NCM_0244.jpg

そして20分後。
やはり見た目は普通のご飯ですw

NCM_0246.jpg

NCM_0245.jpg

白飯なのでふりかけをかけて食べましょうかね。
食感はやや軟らかめ、少しお湯が多かったかな?

でも水で戻した五目ごはんよりは大分いいです。
但しモチモチ感が殆どない、これは赤飯に劣りますね。

パサつくというほどではないですが、食感はいまいち、美味しいとは言いがたいです。
米どころの人間だからかな!?

栄養的には366kcalだそうです。
関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
#040-1、#040-2 熱処理前研磨終わり
2012-09-08 Sat 04:07
800番まで磨きました。
今回はSANKYOのペーパーに黒檀の当て板でした。

P1010417.jpg

あとはヒルトのピン穴を開けたら熱処理に出せます。
月曜には発送したいと思っていますので、作業を急ぎます。

AAMまであまり時間無いですからね~。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
尾西のアルファ米 赤飯 を試食してみる
2012-09-06 Thu 23:38
袋を開封し、スプーンと脱酸素剤とごま塩を取り出したら、110ccの熱湯を入れて20分待つだけ。
今回は前回との差を確かめるために、あえてお湯を使用、水60分の場合との比較というわけです。

P1010414.jpg

そして20分後。
やはり見た目は普通のお赤飯ですね~お赤飯好きなので早く食べたいですw

P1010415.jpg

ごま塩をふって食べてみましょう。
もちろん付属のスプーンで。

む!
これは…


フツーに美味しいじゃないですか!
言われなければアルファ米とは気づかないかもしれませんよ。

出来上がりが温かいのも嬉しいですね。
この間の五目ごはんとは段違いに美味いです。

温かいだけでなく、赤飯だけにもち米を配合してる影響もあるのでしょうね。
パサパサした感じは殆どありませんでした。

ちなみに栄養的には、369kcalです。
やはりこれも一個だけでは一食分としてやや不足です、何かで補いましょう。
関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
#033-5 削り直し
2012-09-05 Wed 21:08
ブレード研磨中だったこのナイフですが、ベベルに段差を発見したのでやむなく80番で削り直しました。
ベーパーがけ程度では絶対修正できませんので…。

NCM_0235.jpg

せっかく磨いたのに、あーあーあー(´Д⊂ヽ
でも仕方ありませんね。

しかしアレですね、ベルトグラインダー(但し借り物)での研削はシビレますね、魂まで磨り減る感じがします(笑)
ヤスリとは違った独特の緊張感です。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
寒河江川鮭有効利用釣獲調査員募集 今年も行きます!
2012-09-03 Mon 20:31
無事当選~♪(´ε` )

P1010412.jpg

今回はBHからは3名での出撃となります。
デカいの獲ってくるぜ~。
関連記事
別窓 | 釣り | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
尾西のアルファ米 五目ごはん を試食してみる
2012-09-02 Sun 23:47
袋を開封し、スプーンと脱酸素剤を取り出したら、160ccの水を入れて60分待つだけ。

P1010409.jpg

60分後。
見た目はは普通の五目御飯ですね。

P1010410.jpg

お湯なら20分程度で完成できますが、60分という時間がかかるとはいえ、水でできるというのがありがたい。
しかし食味はややぱさつく感じで、あまり美味しいとはいえないかも。

非常食としてはいいですが、長く食べることを考えるなら、これだけというのはしんどそうです。
米の食感がね…

ちなみに栄養的には、377kcalですので、一食分にはちょっと足りないです。
これも他のもので補う必要がありますね。
関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
#040-2 研磨中
2012-09-01 Sat 22:32
240番で磨いています。
ペーパーはSANKYOで。

NCM_0225.jpg

NCM_0222.jpg

NCM_0223.jpg

これはAAMに出展するナイフです。
AAM用は3本新規に予定しております。


NCM_0224.jpg

作業場の地面に穴が無数に開いてると思ったら、蟻地獄でした。
何十年ぶりに見たんだろう、神社の床下とかにいましたよね~。

蟻地獄はウスバカゲロウの幼虫で、かなり飢餓に強いそうですね。
数カ月は獲物なしでも耐えられるとか。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 心の上澄み |