ナイフ製作・渓流ルアーフィッシング・燻製
プライヤー製作中 その4
2013-06-30 Sun 20:43
スペーサーを接着中です。

NCM_0739.jpg

NCM_0740.jpg

ターコイズのアクリストーンと真鍮板1ミリ。
次はタングに溝を掘って、鹿角のの接着です。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
プライヤー製作中 その3
2013-06-29 Sat 14:34
各パーツを磨いて接着します。

NCM_0731.jpg

NCM_0735.jpg

NCM_0732.jpg

ノーズ部分はナイフと同じミラーフィニッシュです。
傷を付けないよう、養生した上で、気をつけながらこの先の作業を進めます。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
コンテストナイフ その13
2013-06-28 Fri 15:14
無事に焼き上がって来ました、HRC62です。
64でお願いしたんだけど、他のと一緒に焼くから難しいんでしょうね…。

P1010882.jpg

プライヤーが出来るまでしばし放置しますw
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
プライヤー製作中 その2
2013-06-26 Wed 23:22
やや苦戦中です、天然素材は個体差が大きく、毎回同じとはいきません。
素材に合わせてプライヤーを加工しなきゃいけないですし、スペーサーなども然りです。

NCM_0725.jpg

この個体は角の曲がりが強いので、このままではプライヤーを閉じると、角の先同士がぶつかってしまいます。
ぶつからないように加工しなきゃいけません。

一本一本差があるので、非常に手間がかかり、また時間もかかります。
プライヤー1本あたりナイフハンドル2本分以上の手間です。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
材料が揃いました
2013-06-25 Tue 00:23
ベースとなるプライヤーがやっと全部届きました。

P1010876.jpg

製作の方急ぎます。

コンテストナイフの方は今日熱処理に旅立ちました。
大阪の八田工業で水曜の夜窯入れなので、金曜日あたりに焼き上がってくる予定です。

その後はプライヤーが出来るまで放置の予定です、コンテストには間に合わせますけどね(^_^;)
公私ともにバタバタしておりますが、着実に一つ一つこなしていきたいと思います。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
プライヤー製作中
2013-06-22 Sat 13:54
材料の切り出し中です。

NCM_0721.jpg

この2本は肩無し、ターコイズのバージョンです。
別バージョン含め、計4本製作予定ですが、あとの2本はベースとなるプライヤーの入荷待ちです。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
コンテストナイフ その12
2013-06-21 Fri 16:53
ようやくタングのテーパー化が終わりました。
苦労しました。

NCM_0717.jpg

NCM_0716.jpg

NCM_0718.jpg

テーパーは4.5ミリ→0.5ミリです、まずまずかな。
HRC64指定で熱処理に出します。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ハンドル材購入
2013-06-20 Thu 01:36
新しいナイフやプライヤー用です。

P1010869.jpg

サンバースタッグ。

P1010868.jpg

マストドンアイボリー(マンモスの牙)。

ACR_marakaito.jpg

アクリストーン・マラカイト・ウェッブ。

ACR_ajuright1.jpg

アクリストーン・アジュライト・クリスコーラ。

ACR_webturq.jpg

アクリストーン・ウェブ・ターコイズ。


あと揃ってないのは、3ミリの鋼材2枚とプライヤー2本だけです。

あ、それとコンテストナイフのハンドル材も決まりました。

P1010866.jpg

例のバックアイバールにレジン含浸したやつです。
個人輸入している友人から、だいぶ前に購入しました。

材料が揃ってきたので製作を急がねば…
しかし作業は丁寧に。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ナイフのコラボレーション その4
2013-06-19 Wed 01:03
ハンドル材が決まりました。
スネークウッドとサンバースタッグです。

P1010865.jpg

このスネークウッドは鈴木さんが同梱してくださったもの。
かなりいいグレードですね~

1005117_655046944509653_185576101_n.jpg

936414_655046961176318_797649870_n_20130619005925.jpg

19882_655047014509646_1460652124_n.jpg

サンバースタッグはマトリックスアイダに1セットだけ残っていたのを即買いしました。
いずれ劣らぬ高級ハンドル材、気が引き締まります。

そしてモデル名も決まりました。
その名も、

「ドラゴンクロー」

鈴木伸明さんの大型モデル「ドラゴンホーン」にちなんでです。
ホーンより小さいのでクローですね。

こういった名前をつけるのは僕のナイフでは珍しいことです。
普段は製造番号だけですからね。

製作は少し遅くなりますが(鋼材入荷の見通しが立たないので)、気合入れて作りたいと思います。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
コンテストナイフ その11
2013-06-18 Tue 21:45
タングのテーパーを研削中です。

NCM_0710.jpg

ようやく片面の荒削り完了。

NCM_0711.jpg

CV-134、ここで硬さを発揮。
硬いというか耐摩耗性がすごいのか。

熱ばかり持ってなかなか削れません。
苦戦してます。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
コンテストナイフ その10
2013-06-15 Sat 20:37
1000番まで磨いて、ヒルトの溝を切り、ピン穴を開けました。

P1010858.jpg

隙間も殆ど無く、バッチリ。

P1010859.jpg

P1010860.jpg

タングのテーパーは明日以降かな。

時に、テーパーを付ける作業って、ブレードベベルの切削前に行う人が多いですよね?
僕は逆なんですが、双方のメリット・デメリットはどんな感じなんでしょ?
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
コンテストナイフ その9
2013-06-14 Fri 22:52
ええ、削り直しましたとも、1000番まで磨いたナイフをヤスリで再び。
で、今日はなんとか600番まで磨きました。

半泣きで(爆)

P1010857.jpg

熱処理までに1000番まで磨いて、ヒルトピンの穴開け、タングのテーパー化が残っております。
そこまでたどり着いたら一段落しようと思っております。

プライヤーの材料も徐々に揃って来ましたし(まだ全部ではない)、鈴木伸明さんとのコラボナイフもありますので、あっちこっち手を付けたくなります。
目下はプライヤー優先で行こうと思っておりますが。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
コンテストナイフ その8
2013-06-13 Thu 22:49
1000番まで磨き終えました。

NCM_0704.jpg

めでたく焼入れ前研磨完了、と言いたいところですが、ファイルサイドのベベルに不満があるので、明日泣きながらもう一回ヤスリで直します。
タングもまだテーパーに削ってないし、ヒルトピンの穴も開けてないしね。

気合入れて頑張ります。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
改良型を数本行きたいところですが
2013-06-11 Tue 01:04
これの改良型を、普通の鋼材で数本作ってみたいですが…

P1010764.jpg

製造番号#045P1、鋼材:R2積層鋼 芯金:武生 スーパーゴールドⅡ。

P1010765.jpg

次に作るのは#045改-1とかになるでしょうね。
クロモセブンやATS-34の予定です。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
コンテストナイフ その7
2013-06-11 Tue 00:47
ABCオイルストーン800番+耐水ペーパー400番まで磨き終えました。

NCM_0702.jpg

研磨は少ししんどさを感じます、なかなか傷が消えない…。
やはり硬くて粘るかCV-134?
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
コンテストナイフ その6
2013-06-09 Sun 21:40
オイルストーン400番+耐水ペーパー240番で研磨中です。

NCM_0700.jpg

研磨の際の浸け汁は、あひるさんが使っておられた、「FLASH・600」がかなり有効です、ペーパーでも。
真水の倍近い速さで研磨できる感じがします(言いすぎかな?)。

P1010850.jpg

P1010851.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
コンテストナイフ その5
2013-06-09 Sun 00:43
ベベルストップを成形しました。
特に苦労もなく、いつも通りに。

NCM_0696.jpg

NCM_0697.jpg

CV-134についてですが、硬いのは先入観や思い込みが大きいのではないかと思い始めました(・_・;
たしかに、なかなか削れない(量的に)感じはしますが、それはこのナイフの鋼材が4.5ミリと、いつもより厚めだからであって(?)、硬くて削りにくい、という感じはあまりしなくなってきました。

いや、やっぱり感覚が麻痺しただけなのか…?
次にATSなどを削るときにどう感じるか楽しみですねw
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
プライヤー研磨中
2013-06-06 Thu 23:59
4本作る予定ですが、2本は欠品中…
でもとりあえず2本はあるので、先に着手します。

現在、ハンドルの被覆を剥ぎとって、ノーズ部の下地研磨中です。

NCM_0694.jpg

一段回目。
ブツブツザラザラした荒い面を削り落とします。

NCM_0695.jpg

二段階目。
一段回目の削り傷を磨き落とします。
少し光り始めましたね。

このあと耐水ペーパー+ダイヤモンドペーストで手磨き+リューター研磨です。
ナイフと同じ磨きを施し、ピカピカのミラーフィニッシュにします。

ハンドル製作は材料が揃っていないので少し先送りです。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
コンテストナイフ その4
2013-06-05 Wed 22:44
ベベルの平面チェック中です。
ブレードベベルにダイケムを塗って、両手ヤスリで撫でてみて、真ん中だけ削れたらコンベックス気味だということですので、削り直します。

NCM_0689.jpg

これを繰り返して、まんべんなく削れるようになれば概ねフラットグラインドが出来ているということです。

NCM_0692.jpg

NCM_0693.jpg

この後はベベルストップの成形です。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
コンテストナイフ その3
2013-06-05 Wed 02:46
マークサイドが終わり、ファイルサイドのベベルを削ってます。

NCM_0680.jpg

NCM_0681.jpg

NCM_0685.jpg

NCM_0686.jpg

NCM_0687.jpg

この段階でエッジ厚は0.4~0.5ミリほどです。
このサイズだからまぁこんなもんかな。

そして徐々に、CV-134は硬くないような感覚が強くなって来ました(^_^;)
やはり削り慣れたんだろうか…?
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
蝦夷鹿角の染色 その2
2013-06-05 Wed 01:39
なんとか5対揃えました。
3対は玉葱の皮によるダイド(染色済み)、2対は無染色です。

P1010845.jpg

この内各2対を使う予定です。
計4本の蝦夷鹿角プライヤーとなります。

がしかし、まだプライヤー本体とターコイズ、マラカイトが揃っていないので、一部しか着手できません。

染色した角は全部が同じ色に見えますが、この後の磨きで白い部分を出します。
そうすると自然な色合いになっていきますよ。

item_56_1.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 心の上澄み |