ナイフ製作・渓流ルアーフィッシング・燻製
プライヤー製作中 その14 ターコイズバージョン2本完成
2013-07-31 Wed 10:57
シースのタレも乾き、完成しました。

P1010944.jpg

P1010943.jpg

ご購入は「ノーザンレイク」様よりどうぞ~m(_ _)m
7/31現在、まだお店に送っていませんが、明日発送する予定です。


ステンレスフィッシングプライヤー 蝦夷鹿角&ターコイズ-1

P1010933.jpg

P1010934.jpg

P1010935.jpg

P1010936.jpg

P1010937.jpg


ステンレスフィッシングプライヤー 蝦夷鹿角&ターコイズ-2

P1010938.jpg

P1010939.jpg

P1010940.jpg

P1010941.jpg

P1010942.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
コンテストナイフ その21 もう片面のハンドル材接着
2013-07-30 Tue 20:27
昨日接着した片面のハンドル材に、ボルト用の穴とソングホールを開けたら、もう片面のハンドル材を接着します。
今回はテーパードフルタングなので、この工程ではナイフメイカーズバイスを使用しますが、写真は撮り忘れました。

NCM_0818.jpg

本当はこういう止め方では甘いんだと思いますし、ナイフに縦方向(ヒルトに向かって)にも圧力をかけるべきかとは思うのですが、基本的にハンドル材の面とタングが合っていれば、これ以上強く押し付けなくても隙間はできないはずなので…今までも失敗したこと無いし。

なんて言ってて、削ってみたら隙間ができてたりして(-_-;)

次の工程は各穴の貫通と、ハンドルの荒削りになります。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
コンテストナイフ その20 ハンドル材の接着
2013-07-29 Mon 22:26
ヒルトのキリオンを削ったら(今回はヒルト作成時に削り忘れたので)、まず片面だけ接着します。
ヒルト側のスペーサーも忘れずに。

NCM_0814.jpg

今回使用したのは2液性エポキシのスリーボンド2087、硬化時間24時間(だったと思う?)です。
ゆっくり確実な作業を。

NCM_0815.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
コンテストナイフ その19 ヒルトの取り付け
2013-07-28 Sun 23:26
ヒルトを大まかに成形して接着剤とピンで止めます。
ニッケルシルバーです。

NCM_0811.jpg

あ、キリオンを切るの忘れました(^_^;)
まぁこの後でもできるからいいか。

そしてハンドル材とスペーサーの接着。
ハンドル材はバックアイバールの含浸材、スペーサーは赤の1ミリ。

NCM_0807.jpg

接着したら板が反りました(-_-;)
クランプで押さえつけてタングに接着しなきゃな…。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
プライヤー製作中 その13 シースのタレ浸け
2013-07-28 Sun 12:32
出来上がったシースを「ものずきのタレ」に浸けます。

NCM_0809.jpg

浸ける前。

NCM_0810.jpg

浸けた後。

この後一週間くらい乾燥させて完成です。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
コンテストナイフ その18 ダイヤモンドペーストでの研磨再び
2013-07-26 Fri 19:34
泣く泣く800番から再研磨しました。

NCM_0806.jpg

前回よりは良くなりました、100点は出せませんが、納期の問題もあり、これで仕上がりとします。


僕なりの結論として、どの鋼材でもDP研磨はやはり下地作りが大事なようです。

ただ、CV-134はATS-34などと比べて、下地の出来具合に敏感なようです、これを完璧なミラーに出来るのはかなりの腕前かと。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
プライヤー製作中 その12 シースの縫製とウェットフォーム
2013-07-25 Thu 22:33
なんとか2つ縫いあげてウェットフォームしました。

NCM_0803.jpg

P1010927.jpg

これから数日乾燥させます。

合間に他の作業を進めますよ~。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
プライヤー製作中 その11 シースの型紙作り
2013-07-25 Thu 02:22
作業遅れてるので夜なべして作りました(笑)

NCM_0801.jpg

革の切り出し、縫製は明日にします。

完成したシースはウェットフォームを施し、数日乾燥させ、次に「ものずきのタレ」にドブ漬けしてまた数日乾燥させます。
時間はかかりますが、こうすることでプライヤーにしっくりと馴染み、また撥水性耐久性のいいシースができます。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
コンテストナイフ その17 ダイヤモンドペーストでの研磨
2013-07-24 Wed 22:21
ここまでやっちゃいました。

NCM_0800.jpg

しかし問題発生。
写真ではわからない程の小さいピンホールがプツプツと。

1000番まで戻って磨き直しましたが、再び発生して取れません。
うーむ、これは600番くらいまで戻るしか無いのかな…?

CV-134、難しいです。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
コンテストナイフ その16 2000番までの研磨
2013-07-24 Wed 00:13
まとまった時間がなかなか確保できないので、チマチマできる研磨ばかりやっております。

NCM_0799.jpg

ダイヤモンドペーストでの研磨はまだですが、このままヘアライン仕上げというのもありかな?
いや、やはり予定通りミラーだな~♪(´ε` )
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
今年の向日葵とゴーヤ
2013-07-23 Tue 01:47
向日葵が今年も大きく育ちました。

NCM_0790.jpg

NCM_0798.jpg

高すぎて携帯じゃ上手く撮影出来ません。
多分2.5mくらいあるかと。

幹の太さは去年ほどではないですが、高さは今までで最高かも。
種いっぱい取れますね~。


続いてはゴーヤ。

NCM_0794.jpg

NCM_0771.jpg

先日1個目を収穫しました。

NCM_0779.jpg

定番のゴーヤチャンプルに。
苦味が少なくて食べやすいゴーヤでしたよ。

NCM_0793.jpg

で、現在6つほどなっています。
今年は豊作かも。
関連記事
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
コンテストナイフ その15 1200番までの研磨
2013-07-20 Sat 17:20
早いところ酸化皮膜を除去しないと、錆びがひどくなりそうでしたので、急遽研磨しました。

NCM_0787.jpg

NCM_0788.jpg

2000番まで磨いたらダイヤモンドペーストで仕上げますが、今日はここまでで一旦作業は休止。
プライヤーのシース作らなきゃ。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ベアリング追加キット
2013-07-20 Sat 15:27
愛用の渓流用リールのベアリング追加キットです。

4024d2b3e6.jpg

ラインローラーとスプールの軸受に各1個ずつ追加しました。
これでボールベアリングの数は8(ハンドル部除く)となります。

P1010924.jpg

体感できるほど滑らかではないような気もしますが、要は気持ちの問題ですね。


関連記事
別窓 | 釣り | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
鮭用リール新調
2013-07-19 Fri 22:52
4000番です。
でも年一回しか使わないのです(-_-;)

16lb巻いておきました。
先日のロッドと対です。

P1010923.jpg

P1010922.jpg


Daiwa NEWカルディア4000(11カルディア4000)

巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):86cm
ギア比:4.9:1
自重:350g
最大ドラグ力:8kg
ナイロン糸巻量(lb-m):16-250/20-200
ABSII
PE糸巻量(号-m):2.5-300/3-250
UTD(アルティメットトーナメントドラグ)
ZAIONボディ
ウォッシャブル構造
エアローター
エンジンプレート
タフエアベール
ツイストバスターII
デジギアII
ネオクロスラップ
ベアリング(ボール/ローラー):6/1
マグシールド
リニアシャフト

最近のリールって、主なネジが全部トルクスなのですね。
レンチ持ってないからヘタに開けられないです(^_^;)
関連記事
別窓 | 釣り | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
プライヤー製作中 その10 2本目(3本目?)完成
2013-07-16 Tue 14:52
やっと出来ました。

P1010917.jpg

P1010919.jpg

P1010920.jpg

P1010918.jpg

シース作りも頑張らなきゃですね!
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
R2積層鋼材購入
2013-07-15 Mon 02:46
以前使った感じがとても良かったので、4枚ほど購入しました。

P1010915.jpg

どんなナイフになるかな、着手は10月以降になりそうですが、楽しみです。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
プライヤー製作中 その9 ボルスター接着中
2013-07-14 Sun 15:48
3本目の研磨を終えてボルスター(?)を接着中です。

NCM_0767.jpg

NCM_0768.jpg

NCM_0769.jpg

この後スペーサーとハンドル材の接着です。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
プライヤー製作中 その8 ボツ&作り直し
2013-07-12 Fri 19:36
2本目はボツにしました、やはりハンドルが大きすぎます。
で、作り直しです。

NCM_0765.jpg

大きくても良いという方ならいいのですが、(手が大きめの)僕が握っても大きいので、さすがにちょっと使いにくいかと。
本体は完成していますが、廃棄処分しか無いですかね…。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
プライヤー製作中 その8
2013-07-11 Thu 15:18
ターコイズバージョンの2本目が出来上がりました。
シースがまだですが。

NCM_0763.jpg

P1010899.jpg

P1010901.jpg

P1010900.jpg

右の個体はやや大きめですので、手の大きい方にオススメ。
ハンドルの大きさと重量以外のスペックは一緒です。

これからシースとマラカイトの肩付きバージョン2本の制作に取り掛かります。
マラカイトバージョンは玉ねぎ染色の鹿角を使いますよ。

天然素材は大きさや形状にムラがあって、まとめ上げるのが大変です(^_^;)
完璧に左右対称というのも実質無理ですが、実用に支障が出ない範囲で調整はしています。

同じ鹿角は存在しないので、唯一無二のプライヤーです。
針外し専用なので、機械整備など、あまり力のかかる作業には使用出来ませんが…。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
プライヤー製作中 その7
2013-07-09 Tue 05:07
2本目の、ボルスター・スペーサー・ハンドルを成形中です。

P1010896.jpg

【スペック】
 全長:約22.5cm
 ノーズ部:約5.2cm ミラーフィニッシュ
 鋼材:SMITH製フィッシングプライヤー(ステンレスとのみ表記あり)
 ハンドル:蝦夷鹿角・ターコイズ・真鍮 コンシールドタング
 シース:レザー(予定)

こちらはやや大きめに出来上がりそうです、手の大きい方向けかな。

鹿角は天然素材なので調整が難しいです。
個体差があるので、完璧に左右対称とも行かないですし、縦横方向それぞれに曲がりがあります。

まぁそこを何とかまとめ上げるのが僕の仕事なんですけどね~
なかなか難しいもんです。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ナイフのコラボレーション その5
2013-07-09 Tue 04:53
3ミリのATS-34で作る予定でしたが、2.5ミリのクロモセブンに変更になりました。

P1010894.jpg

鈴木伸明さんデザインの「ドラゴンクロー」。

P1010893.jpg

この鋼材から4本取れそうです。

P1010895.jpg

最初の2本はサンバースタッグとスネークウッドハンドル。
あとの2本は先の2本ができてから考えます。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
コンテストナイフ その14
2013-07-09 Tue 00:54
えっと、工程は進んでないのですが、ナイフ(CV-134)には変化が…

NCM_0746.jpg

酸化皮膜も取らないで放置してたら、数日で薄い錆が一面に!
こりゃ早く磨かないとマズいですね…。

NCM_0747.jpg

対するクロモセブンは同じ状態・場所で1ヶ月以上放置しても全く錆びなし。
うーん、やはりクロモセブン強し。

個人的にはH-1とかも使ってみたいですが、鋼材売ってないですよね~。
チタンフィッティングと組み合わせればアレなんだけどな…。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
プライヤー製作中 その6
2013-07-06 Sat 20:06
1本目が完成しました、シースはまだですが。

P1010888.jpg

【スペック】
 全長:約20.5cm
 ノーズ部:約5.2cm ミラーフィニッシュ
 鋼材:SMITH製フィッシングプライヤー(ステンレスとのみ表記あり)
 ハンドル:蝦夷鹿角・ターコイズ・真鍮 コンシールドタング
 シース:レザー(予定)

2本目以降も頑張ります~。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
砲金フィッティング
2013-07-04 Thu 23:23
あひるさんに作っていただきました。

ヒルト材と8・6ミリのシュナイダーボルト、2ミリピン、6ミリパイプのセットです。
ピンもパイプもすべて削り出しの超贅沢仕様!

1010573_461270747302891_1977361035_n.jpg

P1010885.jpg

スネークウッドと組み合わせて大型ナイフに使用するつもりです。
あひるさん、ありがとうございました~。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
鮭用ロッド新調
2013-07-04 Thu 01:20
以前は9フィートのトラウトロッドに3000番のリールだったのですが、しんどくなってきたので新調しました。

DaiwaのソルティスAR-X 96MHRSです。
※ソルティガでもソルティストでもありません。

446_1.jpg

P1010892.jpg

●標準全長:9フィート6インチ(290mm)
●継数:2本
●仕舞:150cm
●標準自重:225g
●先径:2.0mm
●元径:14.4mm
●適応ルアーウェイト:10~50g
●適応ライン:12~30lb
●カーボン含有率:99%
メーカー品番 01470001

このモデル、カタログには載っていません。
北海道限定仕様だそうです(でも僕は北海道在住じゃないですよ)。
Kガイド装備。

リールも4000番を新調する予定です。
NEWカルディアあたりを予定しております。
関連記事
別窓 | 釣り | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
プライヤー製作中 その5
2013-07-01 Mon 15:33
念入りに接着面の面合わせをして、ようやくハンドル材を接着しました。

P1010883.jpg

あとは余分なところを削って磨き上げるだけです。
あ、革シースも作らなきゃね。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 心の上澄み |