ナイフ製作・渓流ルアーフィッシング・燻製
コルチカムとヒヤシンス
2014-09-30 Tue 04:07
コルチカムとヒヤシンスの球根を植えました。
コルチカムは半月ほど前ですが。

NCM_1821.jpg

これがコルチカムの球根。
ベヘリットみたいな形をしておりますが、顔はありません(笑)

鉢に植えて数日後には芽が出まして、

P1030018.jpg

あっというまにここまで。
そして…

P1030066.jpg

沢山の美しい花をつけたのはいいのですが、1本も自重に耐え切れていません…
こういうひ弱な植物なんですかね、それとも生育具合が悪いんですかね?


そしてヒヤシンス。
毎年恒例で植えております、青、白、ピンクの3色です。

P1030067.jpg

今日植えたばかりですので、お楽しみはこれからですな。
大きくなれよ~
関連記事
別窓 | 生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
押し棒 その3
2014-09-29 Mon 20:52
ParkSideさんの記事を真似て、自分も製作してみました、といっても、僕のはかなり簡易版ではありますが。
でも、それまではただのボルトをを使用していたので、数段進歩したといえるでしょう(笑)

まず、手で持つ部分の材料はこれ。
最初から丸棒というか、それなりの形になっておりますが、これは以前マグネットリリーサーを作った時の端材です。

P1030048_R.jpg

木材はデザートアイアンウッドにスネークウッドと、超贅沢。
旋盤加工は先輩メイカーのYさんです。

DSC_0095_R.jpg

間の写真を散り忘れたので、いきなり完成図。
といっても、真ん中にネジ穴を開けてボルトを通し、ナットで止めただけなのですがね。

こんな風にタングに取り付けて使います。
テーパードタング研削の摩擦熱でかなり熱くなるので、全金属製だとしんどいんですよ。

DSC_0096_R.jpg

最近作った小道具たち。
全てデザートアイアンウッド製(爆)

でも半分以上いただきものの材料です、嬉しいやら申し訳ないやら。
大事に使います!
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
禁漁間近
2014-09-29 Mon 20:37
今季最後の渓流釣りに行ってきました。

P1030058.jpg

P1030059.jpg

P1030057.jpg

P1030060.jpg

P1030062.jpg

P1030061.jpg

また来春来ます!
関連記事
別窓 | 釣り | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
芋煮会
2014-09-29 Mon 00:47
秋の恒例行事です。
河原で石を組んでカマドを作るのが本式(?)ですが、うちは庭で焚き火台を使います。

DSC_0084_R.jpg

尾上製作所の焚き火台、リーズナブルでかつ使いやすいです。
ステンレス製なのも嬉しいですね。

DSC_0081_R.jpg

里芋は自家製、親父謹製です。

DSC_0085_R.jpg

調理担当は僕と母。
美味しく出来ました。

DSC_0080_R.jpg

アケビは中身を捨てて皮を味噌煮にして食べます。
アケビの皮を食べる地方は結構限定されてるようですね。
苦くて美味しいです、酒が進みますね。

DSC_0086_R.jpg

ついでにバーベキューも。
色々焼いちゃいます。


芋煮の味付けは酒と醤油と砂糖のみ、具は牛肉、里芋、こんにゃく、ネギのみ。
芋煮、もしくはそれに類する物は、東北全域に広く分布しているようですが、これは山形市風の仕立ててです、地域によっては味噌仕立てだったり、具が違ったりしますね。

秋の味覚満喫ですが、夏が終わるのが個人的にはやや寂しいです。
暑い暑いと言っていても、やはり真夏が好きですね。
関連記事
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
タレ浸け
2014-09-27 Sat 23:11
シースが乾いたので、毎度お馴染み「ものずきのタレ」に浸けました。

DSC_0082_R.jpg

使用前。

DSC_0083_R.jpg

使用後。

この後数日乾燥させて出来上がりです。


ついでにタレが少なくなってきていたので注ぎ足ししました。
分量は勘です(爆)
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
今年の企画のうちの一つ その後
2014-09-25 Thu 20:18
治具作りました。

DSC_0079_R.jpg

DSC_0076_R.jpg

DSC_0075_R.jpg

DSC_0074_R.jpg

材料は既に揃っているので、あとは炉ですな…
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
押し棒 その2
2014-09-24 Wed 21:47
今度はベルトグラインダーにブレードを押し付ける棒を作りました。
デザートアイアンウッドに真鍮です。

DSC_0071_R.jpg

真鍮部分が少し長いかもしれませんが、使いながら調整しようと思います。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
シースのウェットフォーム
2014-09-24 Wed 21:45
木端を仕上げてウェットフォームです。
先日の押し棒やしゃもじが活躍しましたw

DSC_0064_R.jpg

DSC_0065_R.jpg

DSC_0066_R.jpg

数日乾かしたら今度はタレ浸けです。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
シース製作中
2014-09-23 Tue 20:50
自分用ナイフのです。
この所体調が思わしくないので、なかなか作業できずにおります。

P1030031.jpg

型紙作り。

P1030021.jpg

切り出し、溝掘り。

P1030022.jpg

エッジコート塗料。

P1030023.jpg

仮フィッティング。

P1030024.jpg

接着、縫い穴開け。

P1030026.jpg

縫製。

P1030027.jpg

この後木端を仕上げてウェットフォーム、乾燥、タレ浸け、乾燥と工程が進みます。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
もう一丁完成
2014-09-16 Tue 23:34
ウェットフォーム3点セットです(笑)

P1030015.jpg

P1030016.jpg

スベスベして手触りいいですよ~♪(´ε` )
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
シースの型押し用スティック 一丁完成
2014-09-15 Mon 23:58
一つ目ができて二つ目を研削中です。

DSC_0031_R.jpg

DSC_0032_R.jpg

Jベルト1000番まで磨いて、赤棒で研磨してあります。
全てベルトグラインダーで作りました。

DSC_0033_R.jpg

二つ目はやや細身。
これができたら試しに自分用ナイフのシースを、一つ作ってみようかと思います。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
シースの型押し用スティック その後
2014-09-12 Fri 23:39
先の記事で処置したデザートアイアンウッドを使用して、2つ作っています。
1つ目は400番で研磨中です。

DSC_0026_R.jpg

DSC_0027_R.jpg

この段階ですでに使用可能ですが、せっかくなのでもう少し磨くとします。
あと、若干スが出現したので再度埋めています。


【閑話休題】

近くの水田で稲刈りが始まりました、葡萄畑も終盤に差し掛かっております。
秋ですね。

DSC_0028_R.jpg

DSC_0029_R.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
木材のヒビ、スのリペア
2014-09-10 Wed 04:37
木材を使用しようとした時、スがあったり、ヒビ割れがあったりすることがあります。
ですが、それだけで捨てるのはちょっと勿体無いというもの、簡単なメンテで普通に使えるように修復できます。

P1020995.jpg

ヒビの入ったデザートアイアンウッド2本に、スのあるデザートアイアンウッド1本。


P1020996.jpg

ヒビには瞬間接着剤を流し込みます、サラサラして浸透性がいいので。
硬化したらもう一回流し込みます、これを3回ほどやればほぼ完全に埋まりますし、瞬間接着剤(スリーボンド#1733)は透明なので、硬化後も目立ちません。


DSC_0003.jpg

スにはエポキシ接着剤に、木粉を混ぜたものを塗りこんで埋めます。
今回はコニシのクイック30に、黒檀の粉を混ぜて埋めました、気泡が入らないように注意。


DSC_0009.jpg

はみ出した部分をベルトサンダーで削るとこの通り、きれいな平面になります。
充填剤も木目と同化して、元からそういう木材であったかのようでさえありますね。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ベルトグラインダー 弐号機 納入
2014-09-08 Mon 00:41
先輩ナイフメーカーYさんの、自作グラインダー弐号機がついに納入されました!
これはお代をお支払いして、僕用に製作していただいた機体です。

DSC_0004.jpg

お借りしていた壱号機は今日で返却となり、これからは弐号機が正式稼働します。
主な仕様は変わっておりませんが、エンバンのワークレストなどの装備が増えており、細かい改良も施されております。

これで先般導入のBLUE-EYE-1830と2台体制で製作に望むことができます。

NCM_1816.jpg

また、この2台はそれぞれ更に改良・改造の余地が残されており、近々着手予定です。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
今年の企画のうちの一つ
2014-09-03 Wed 20:19
実行準備中です。
まずは道具と材料を揃えなきゃね。

NCM_2017.jpg

NCM_2019.jpg

そしたらこれらを組み合わせて、

NCM_1920.jpg

新しいコレでアレするわけですな…

まだ道具も材料も全部は揃っていないけど、もう真夏の暑さもなくなってきましたし、作業するにはいい日よりも多くなりつつありますので、早々に揃えて実行したいと思っております。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
シースの型押し用スティック
2014-09-02 Tue 05:32
シースのレベルアップ企画の一つとして、ウェットフォームに使う、型押し用のスティックを新たに作ろうと思いまして。
どんな形状がいいか思案中です。

P1020981.jpg

素材は導管が殆ど無く、硬く、磨けばツルツルするデザートアイアンウッド。
杢目がプレミアムグレードのじゃないとはいえ、贅沢な仕様ですな~

形状はお手本を見せてもらったので、基本的にそれを真似ようと思いますが、酔っている状態で見たので記憶がやや曖昧ですw
まぁそれ以上の部分は、使いながら試行錯誤して作りましょ。


それともう一つ、竹製のしゃもじです。

P1020983.jpg

出羽三山神社の売店で買っていた、有り難い竹製のしゃもじですw
新品では少し角が立っているので、滑らかに削って使いたいと思います。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 心の上澄み |