ナイフ製作・渓流ルアーフィッシング・燻製
小国川 鮭釣り 2014
2014-10-29 Wed 23:27
新しいネットに入魂、そして記録も更新しました。
オス84cm、メス74cmです。

最終的な釣果はオス2、メス2でした。
例によって醤油漬け、身は鮭冬葉にします。

DSC_0151.jpg

鮭止めの梁。
梁直下のプールに鮭が大量にたまっており、半分釣り堀化してました、こんなことは珍しいそうです。

DSC_0157.jpg

84cmオス入魂の図。

P1030110.jpg

74cmメス入魂の図。

P1030116.jpg

4匹釣りましたが、ラインブレイクも4回、ヒットするもバレたのは数知れず、少なくとも半分は逃がした未熟さにガックシ。
今回は16lbでしたが、来年度は20lbくらいのラインで行くかな。

P1030117.jpg

漁協による計量。
聞きそびれて覚えてないので、自宅で測りなおしました。

P1030118.jpg

皆さん釣りましたね~

DSC_0162.jpg

ちょっと固め。
プチプチ感強めですが、味は概ね同じです。

DSC_0163.jpg

身は三枚におろしたあと、細切りにして冷凍、12月になったら鮭冬葉に仕込みます。


ご一緒したサラーさん、ネットを作ってくれたMattさん、漁協関係者の方々、清流小国川、ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いしますm(_ _)m
関連記事
別窓 | 釣り | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
鮭用 カスタムランディングネット
2014-10-26 Sun 20:33
量産品でない、特別拵えの品、特注品を指す言葉、Custom。
如何に個人のハンドメイド品でも、量産型や依頼の特別拵えじゃない物は、カスタム品ではない、「ハンドメイド品」です。

「カスタム」と名のつくものでも、実はカスタム品でないような品物は世の中に沢山あるけど、これは正真正銘のカスタム品です。
Mattさん謹製、鮭用ランディングネット、製造№157 Salmon、今日到着。


P1030102.jpg

P1030103.jpg

P1030105.jpg

P1030104.jpg

P1030106.jpg

【スペック】
 全長:約940mm
 内径:縦650mmX横450mm
 ハンドル材:カリンバール
 フレーム:外から縞黒檀、カーリーメイプル、パープルハート 内張りにウォールナット
 ネット:クレモナ糸を染色後に手編み
 深さ:約700mm
 カラー:イエロー~オレンジ
 自重:約860g

P1030107.jpg

鮭用だけあって勿論特大サイズです。
しかし総ウッド故に軽い!

P1030108.jpg

同じMattさん作の渓流用Mサイズと比較すると、この通り。
小さいほうがオモチャみたいですが、両方共実用品です。

故にマグネットリリーサーもカスタム品です。

DSC_0138.jpg

これを背中に吊って、去年よりデカい鮭を狙ってきます。
出撃は明後日、8時~14時半が勝負です。

今年もSalmo Salarさんと一緒です、共に武運のあらんことを!
関連記事
別窓 | 釣り | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
金属用バンドソー 組立中
2014-10-25 Sat 19:40
60kg強の箱を作業場付近まで一人で運んで開梱、死ぬ思いでした!
ギックリ腰にならなくてよかったですが。

DSC_0118.jpg

そして組み立て始めたら、数本のネジが足りなくて、輸入元に頼んで取り寄せ中です。
一部はホムセンで売ってるような汎用のネジでは駄目でしたので。

DSC_0132.jpg

DSC_0131[1]

その一方で部品が余っていたり…
と言うか、そもそも組み立て用の説明書というものがないのですが(^_^;)

DSC_0133.jpg

組立後は、本体を起こして作業場内に搬入、これも死ぬ思いでしたよ(;´д`)
で、入れたら今度は作業場内のレイアウトを見直さないと狭くて作業になりません。

何かと波乱含みの導入ですが、まぁ価格なりなんですかねぇ…
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
燻製完成
2014-10-24 Fri 07:35
手羽元、砂肝、セセリ、チーズ、出来上がりです、下味も良し、香りも良し、色付きはやや薄めですが上出来です。
でもこれ殆どお嫁に行っちゃいます(TдT)

DSC_0120[1]

DSC_0121[1]

DSC_0122[1]

DSC_0130[1]
関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
渓流ベイトタックル構想
2014-10-24 Fri 05:43
手持ちの1500Cを軽く改造して、ロッドを新調し、渓流に挑んでみようかと、来シーズンに向けて構想中です。
最新のリールには性能面で及ばないでしょうが、このリールは思い出深いので使ってやりたいのです。

冬の間にチマチマとパーツを買い集めます。

P1000115.jpg

まぁアレなんです、要するに半分は1500Cを改造したい為の言い訳なんです(爆)
大体、ベイトタックルでのキャスティングなんて、20年位やってないし、かなり練習しないと感覚が取り戻せないと思います。

高性能ベアリングに軽量スプールはまず買うとして、純正の遠心力ブレーキだけで大丈夫かな、マグネットブレーキに換装しようかな…?
あとはハンドルとかドレスアップパーツも少しは。
関連記事
別窓 | 釣り | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
燻製仕込中
2014-10-22 Wed 06:02
今回も大量です。
ソミュール液だけで5リットル作りました。

DSC_0114_R.jpg

P1030093.jpg

手羽元2パック、砂肝3パック、セセリ1パック、ファミリアチーズ2本、一気に燻します。
前代未聞の大量燻製ですw

でもほとんど嫁入り用(-_-;)
関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
小国川鮭有効利用調査 2014
2014-10-22 Wed 05:44
今年も応募して当選しました。
サラーさんと一緒に出撃予定です。

P1030094.jpg

去年の自己レコード、オス83cm、メス69cmを破ってくるぞー!
目指せ、90cmアップ!
関連記事
別窓 | 釣り | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ハンドル材購入
2014-10-19 Sun 13:26
製作をサボっているのにハンドル材は買います(爆)

P1030089.jpg

人工大理石(ブラック・クオーツ)、縞黒檀の根っこ、リグナムバイタ、アフリカンブラックウッド、ピンクアイボリーウッド。

ナイフを作ってる人は皆その傾向がありますが、ハンドル材コレクターになりがちです(笑)
いつ使うかは考えず、良い材があった時に確保しておかないと、次はいつ手に入るか判りませんからね。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
革の経年変化
2014-10-17 Fri 23:18
日光浴をさせておりましたので、だいぶいい色になりつつあります。

P1030069_20141017231602599.jpg

P1030087.jpg

僕は基本的にヌメ革しか使いません。
オイルドレザー、ダイドのレザーは使ったことがないです。

アレコレ手を広げたいとは思うんですが、無地のヌメ革が好きなんですよね。
でもいずれ他の革も買いますけど。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
金属用バンドソー導入
2014-10-16 Thu 07:27
安いやつですが、鋼鉄も切れる機種を発注しました。
刃をいい物に交換すれば、刃物鋼(生材)もイケるかも!?

img57128345.jpg

img57129705.jpg

月曜日到着予定ですが、結構大型なので置き場所が若干しんどいかも(^_^;)
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
罫書き
2014-10-15 Wed 22:21
久々にナイフ製作作業をしました。
ずっと体調が悪くてですね…

DSC_0080_R[1]

DSC_0082_R[1]

今回の3本は全て鈴木寛さんのコピーです。
どれだけオリジナルに近づけるかな。

今回はオリジナリティーの追求よりも、コピーを優先しております。
模倣も大事な修行だと思っております。

あ、でも、それぞれの現物が手元にないな…
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
シース完成。が・・・
2014-10-02 Thu 00:12
自分用ナイフの新しいシースが完成しました。

P1030069.jpg

ですが、出し入れ時のアクションがなんか変です。

通常、ヒルトは中子に沿って進み、中子の段差のところで止まります。
このシースも段差のところで止まりはするのですが、ヒルトの通り道がなんか変。
シース本体側にやや逸れてしまうのです。

原因。
ヒルトが当たる中子のコバ面と、縫い目との距離が長いから、ヒルトがシース本体側に向かって逸れてしまうようです。
要はムダに中子が大きすぎるのです。

故にシース自体もムダにゴツくなっています。
次回以降の設計に活かそうと思います。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 心の上澄み |