ナイフ製作・渓流ルアーフィッシング・燻製
削り納め
2014-12-31 Wed 17:36
今年の最後に、ブランクを一本削り出しました。

DSC_0365.jpg

DSC_0366.jpg

DSC_0367.jpg

DSC_0368.jpg

鈴木寛さんデザインの4.5インチドロップです。
洗練されたフォルム。


今年も皆様にはお世話になりました。
来年もよろしくお願い致しますm(__)m
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
屋久鹿ナイフ 熱処理後研磨中
2014-12-29 Mon 23:31
オイルストーンとペーパー併用で磨いています。
現在ペーパー1000番。

DSC_0347.jpg

R2積層鋼ですが、磨いてる最中は模様はあまり見えません。
2000番まで磨いたらダイヤモンドペーストでミラーフィニッシュにし、その後薬品処理で模様を浮き立たせます。

あ、そういえば、オイルストーンと耐水ペーパーの、使う順序がまだハッキリ決まっていないんだった(爆)
行き当たりばったり的なところがあるので、そこんところきっちりマニュアル化しておきたいですね。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
こんがり
2014-12-23 Tue 21:11
綺麗に焼けて帰ってきました。
逞しくなったな!

P1030243.jpg

今回の熱処理はマトリックス・アイダさんに依頼しました。
屋久鹿ナイフのエッジを攻めすぎていた(0.1~0.2mm)ので少し心配でしたが、綺麗に焼いていただきました、ありがとうございました。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
鮭冬葉完成
2014-12-23 Tue 20:59
これは第一弾目です、1月に第二弾を仕込みます。
それぞれ鮭2匹分の切り身です。

DSC_0338_R.jpg

ナラのスモークウッド丸一本分燻します。

DSC_0342_R.jpg

テリテリに仕上がりました!
やはり身を冷凍しておいて、12月に作り始めたのは正解でした、ハエとカビに悩まなくて済みますからね~
関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
鮭冬葉間もなく完成
2014-12-21 Sun 02:12
細いのはもう十分なのですが、太めの個体の乾燥がまだ少し足りません。
半生で仕上げるのですが、それにしてもまだ少し早いかな。

P1030242.jpg

もう数日干したら、低温で煙に当てて完成です。
今年は12月に入ってから作り始めたお陰で、カビもハエも付かなくていい出来です。

もう2匹分身があるので、これをもうワンクールやります。
でも全て行き先が決まってるのですけどね(笑)
関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
センサーライト
2014-12-21 Sun 02:07
作業場にセンサー式のLEDライトを取り付けました。

DSC_0331.jpg

上がソーラーパネル兼光センサー面、丸いのが対人赤外線センサー、真ん中の白い2本の帯と下がLEDライトです。
暗くなるとまず帯だけ光り、人が通ると下のLEDが点灯します。

暗いところを照らすのも目的ですが、多少の防犯効果もあればと思っております。
光ると家の窓から見えますからね。


DSC_0330.jpg

作業場内部。
バケツに汲み置いていた冷却用の水がガチガチに凍りついていました。

この時期の気温は氷点下当たり前なので、断熱材の入っていない作業はすぐこれです。
暖房は効くんですけど、夜間は冷えますからね、冬を実感です。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
熱処理へ
2014-12-15 Mon 04:16
屋久鹿ナイフのブレードと、ペティのブランクを熱処理に出します。
今回はマトリックス・アイダさんに依頼します。

DSC_0312.jpg

屋久鹿ナイフは予定変更で600番まで研磨、ペティはブレード研削前のブランクの状態です。
立派になって帰ってくるんだヨ。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
スモーカー3号機の燃焼皿
2014-12-14 Sun 00:43
某タロウにて購入~
304ステンレス製、網とセットで、3,000円位でした。

P1030230.jpg

同時に3本くらい燃焼可能!
実用ではそんなに焚かないですけどね(^_^;)
関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
屋久鹿ナイフ 熱処理前研磨中
2014-12-11 Thu 02:58
600番で研磨中です。
R2の模様の出方は現段階でこんな感じ。

P1030224.jpg

P1030225.jpg

800番まで磨いて熱処理に出します。
その後ミラーまで持って行き、酸処理でフィニッシュです。

いや、塩化第二鉄水溶液によるエッチングになるかな?
まだ未定です。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
2015年度カレンダー
2014-12-09 Tue 13:55
JKGから1枚届きまして、自室に貼りました。

P1030220.jpg

その後、鈴木寛さんから3枚送っていただきまして、作業場とトイレと材料置き場にも貼りました。
どこにいてもJKG。

あ、書き忘れておりましたが、秋にJKGの一般会員になりました。
会員番号1129です、追々メイカー会員を目指したいと思っております。

メイカー会員の審査に落ちても合格しても、ここで報告します(笑)
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
鮭冬葉作り
2014-12-08 Mon 10:22
秋に釣って冷凍しておいた鮭の細切りを、秘伝のタレ(?)に一晩浸けて干します。

DSC_0288.jpg

DSC_0290.jpg

大体一週間ちょっと干します、その後低温で燻して完成です。
川に上がった鮭で作る鮭冬葉は、脂っ気が少なく食べやすいのですよ~
関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
屋久鹿ナイフ その後
2014-12-04 Thu 23:04
ブレードの荒削りが終わりました。
鋼材はR2積層鋼2.5mm。

P1030214.jpg

P1030215.jpg

この段階でエッジ厚は0.2mmです、ペーパー研磨してもさほど変わりませんので…大丈夫です。
スウェッジはダブルエッジとならない程度に厚みを残しております、法的なアレですからやむを得ませんネ。

7月銀座以来の課題である、「削り抜け」に関しては、まぁまぁ出来た感じです。
まだ完璧とは言えませんが、以前よりは格段に進歩してるはずですヨ。


スペーサーはターコイズ(アクリストーン)と真鍮板、ファイバースペーサーの予定です。
ハンドル材は屋久鹿の角、シースは屋久鹿の毛皮貼りがご指定ですので、そうしますが、技術的課題もややあるかな。

一歩一歩ですね。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ABU Ambassador 1500C用 Avail製ハイスピードギアセット
2014-12-02 Tue 22:21
この1500C、僕が中学の時に買ってもらったものです。
既に20年以上前の品物ですが、今だ故障一つなく、現役使用可の状態です。

純正パーツも今も取り寄せ可能ですし。
当時27,000円位でした、中坊のガキにこんな名品を、よく親が買ってくれたものだと、今更ながらに感謝しております。

で、以前も書きましたが、この改造は渓流での使用を目論んでのことです。

P1030207.jpg

P1030208.jpg

P1030209.jpg

これでギア比は4.7:1から6.0:1になりました。
トルクが落ちますが渓魚相手なら問題ないレベルでしょう、巻き取り速度はスピニングリールと概ね同レベルです。

付属の「High Speed 6.0」のステッカーは貼らないことにしました、なんか、これ見よがしな感じがしたので。
一見ノーマルでじつはカリカリチューンというのが理想です。

あとはベアリングとスプールも換装する予定ですが、予算的にもう少し先送りかな、春まで出来上がればいいし、ロッドも買わなきゃいけないので。


関連記事
別窓 | 釣り | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
電源タップの保護ケース
2014-12-01 Mon 04:44
1,300円位です、安いですが一応専用品。
金属粉や各種粉塵が飛散る工房内で、漏電防止のために買いました。

DSC_0250.jpg

蓋を閉めたところ。
概ね粉塵の侵入は防げてると思います。


DSC_0251.jpg

中はこうなってます、スイッチを操作するのに毎回蓋を開閉しなきゃならんのがやや手間ですが。
これはやや大きいサイズですが、もう少し小さいのを自室にも導入したいと検討中です。


TSdrena ケーブルボックス 電源タップ・ケーブル収納 [ Lサイズ ] 複数購入割引中 SPM-OTCB01TSdrena ケーブルボックス 電源タップ・ケーブル収納 [ Lサイズ ] 複数購入割引中 SPM-OTCB01
TSdrena

商品詳細を見る
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
スモーカー3号機 完成
2014-12-01 Mon 04:24
長モノの冷燻専用スモーカー、コンパネ仕様の3号機、完成です。
仕様は僕が考えましたけど、作業の多くを親父が僕不在の時に行ったのですw

DSC_0226.jpg

DSC_0228.jpg

下はキャスター付きで、地面から5mmほど浮いています。
煙は基本的に上に昇るので、この程度の隙間は問題にならないと思います。

あとはスモークウッドを燃やす金属製の皿を用意しなければ。
量産品ではなかなかジャストフィットのサイズってないので、ある程度で妥協します、大は小を兼ねますし。

そして本題である鮭冬葉は、12月中旬以降、順次製作開始の予定です。
2尾分ずつ、2回に分けて作りますので、ご注文の皆様、しばしお待ちをm(__)m
関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 心の上澄み |