ナイフ製作・渓流ルアーフィッシング・燻製
タングのテーパー研削完了
2015-04-28 Tue 23:17
やっとです。
横道に逸れすぎです(自爆)

DSC_0858.jpg

DSC_0860.jpg

何気ないタングの削り跡ですが、ベルトグラインダーで削ったのが初めての僕にとっては、これだけで十分感動モノです。

DSC_0863.jpg

ブレード研削も頑張ります。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
計画、復活
2015-04-24 Fri 23:39
炉が出来たので、半分忘れていたものを、また始めようかと目論んでおります。
材料や治具は準備済み、実行するだけです。

DSC_0079.jpg

DSC_0074.jpg

果たして上手く行くのか。
出来上がったらまたアップします。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
自家焼入れ 刃紋
2015-04-24 Fri 21:11
なんとなくそれらしく出来たのかな?

DSC_0824.jpg

DSC_0827.jpg

DSC_0828.jpg

きちんと磨いてエッチングしたら、また画像アップします。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
タングのテーパー研削
2015-04-20 Mon 23:37
絶賛研削中であります!
こういう削りを弐号機グラインダーでやるのは、実は初めてであります!(`・ω・´)ゞ

DSC_0789.jpg

で、気づいたこと。

初めの中えぐりは、やり過ぎると取り返しが付かなくなる場合があるので、攻めすぎないこと。
特にヒルトに近い方は、えぐり過ぎると、テーパーも攻めすぎな位攻める羽目になりますし、最悪の場合、接着面(タングの平面)が確保できなくなります。

支持に使うボルト穴の位置は、ほぼタングの中心がいいようです。
その場所での中心を取ると、偏って削れてしまう傾向があります。

テーパードタングは兎に角薄ければ良いというものではないです。
以前は0.3mmとかまで攻めてたけど、今回は1.5mm位は残しました。

まぁ審査に出すナイフですから、あまり極端なことはしない方針です(^_^;)
一つ一つの作業や仕上がりを丁寧に、キチンと仕上げます。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
弐号機のプラテン 熱処理&研磨完了
2015-04-18 Sat 22:59
掲題の通りです。

DSC_0781.jpg

S45C、HRC52、片面だけ平面研磨を依頼したのですが、何故か両面研磨されてました。
熱処理で出た歪みを取るために削ってくれたのかな?

あとはホイールのシャフトのちょっとした加工をYさんに頼んであるので、それが終われば弐号機はフル装備で完成になります。
本体はともかく、オプションを揃えたり調整したりするのがそれなりに時間がかかりましたね。

でも、間もなく大抵のナイフが削れるようになります。
あとは腕次第!
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
バンドソーの刃
2015-04-17 Fri 03:47
うちの安バンドソー用に、バイメタルの刃と、木工用の刃、シースの中子用(?)の刃を譲っていただきました。
溶接もしてもらったので、あとはバリを削り落として、近々試用してみます。

DSC_0131.jpg

DSC_0132_20150417034655e7f.jpg

溶接箇所が折れないかちょっと心配だけど、これで鋼材の曲線切りが出来るようになったら、かなり楽になるなぁ~
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
二号炉 完成
2015-04-16 Thu 19:53
半年以上かかった二号炉ですが、今日ようやく出来上がりました。
一号炉に比べて大きさは同じですが、ロストルの長さが大幅に拡張されています。

DSC_0773.jpg

これで刃紋を出す熱処理を試みるつもりです。
上手く行きますように(-∧-)
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
弐号機グラインダー 2.5インチホイール装備
2015-04-12 Sun 08:28
掲題の通りです。
今回のホイールだけウレタンゴムですので色が違いますが、耐久性はいいです。

DSC_0757.jpg

DSC_0758.jpg

DSC_0759.jpg

これでダブルグラインドも出来るようになってしまいましたね(^_^;)
NYSPとか小さめのから、追々始めてみたいと思います。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
簡単 酒の肴レシピ
2015-04-12 Sun 03:30
雄流 「イカのワタ和えホイル焼き」 です。
調理時間およそ30分、簡単で美味しいレシピです。


①イカをさばいてワタを取り出します。
 ワタは適量の醤油とよく混ぜておきます。

 イカの身や下足は適当に食べやすい大きさに切って、ワタと混ぜます。
 皮を剥く必要はありません。

DSC_0753.jpg

②ワタと和えたイカをアルミホイルに入れて、薄切りにしたネギとバターを
 一緒に包みます。
 量はお好みで、適当でいいですw

DSC_0755.jpg

③ガスかオーブンで中火で約20分焼きます、焼き過ぎると固くなるので注意。
 これだけで完成です!

DSC_0756.jpg

ビールによし、焼酎によし、日本酒によし、簡単で美味しい肴です。
スーパーで安売りしている冷凍イカで十分ですので、お是非一度お試しあれ。
関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
屋久鹿ナイフ 完成!
2015-04-09 Thu 09:02
やっと、やっと完成しました!

P1030434.jpg

P1030435.jpg

P1030443.jpg

P1030436.jpg

P1030438.jpg

P1030445.jpg

【スペック】
 刃長:7.5cm
 全長:19.2cm
 刃幅:2.2cm
 刃厚:2.5mm
 重量:89g(シース含まず)
 鋼材:R2積層鋼(芯金:武生 スーパーゴールドⅡ)フラットグラインド 酸腐食仕上げ
 ハンドル材:屋久鹿の角 花梨瘤 ターコイズ(アクリストーン) ファイバースペーサー青 真鍮板 ナロータング
 フィッティング:真鍮(ヒルト) SUS304ステンレス(タングの一部及びナット)
 シース:牛革 屋久鹿の革

難産だったナイフですが、ようやく完成に漕ぎ着けました。
S様、大変お待たせ致しました、近々発送の手配を致します。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
シースが乾かない
2015-04-07 Tue 23:32
先日タレに浸けたシースですが、これが予想を超えて乾きにくい。
いつもの倍位は時間が掛かりそうです。

P1030430.jpg

革が二重になっていて、更に接着剤の層があるせいですね~
今日はドライヤーをしばらく当てました。

今後はPCの冷却ファンの排気口に置くことにします。
常に温風が出ていますからね。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
弐号機 微調整
2015-04-07 Tue 02:12
弐号機ベルトグラインダーの、プラテンの微調整をしました。
プラテンを固定する所が、今まで完全に嵌っていなかったので、ベルトの走行位置がズレていたのを修正しました。

DSC_0749.jpg

DSC_0748.jpg

プラテン側(雌側)の内面にバリが残っていたのと、グラインダーのシャフト側(雄側)に塗料が乗っていたせいですね。
その部分をマスキングして、塗料を剥離剤で剥がして、バリを耐水ペーパーで軽く落としてみましたところ、既定の位置まですんなり入りました。

あともう一箇所か二箇所位、改善の余地がありますが、それはまた追々。
色々微調整しながら、使いやすいマシンに仕上げて行くのが楽しいですね~♪(´ε` )
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ヒルト用の溝切り
2015-04-06 Mon 03:25
ヒルトの厚みとリカッソの幅を決め、罫書きを入れます。
そしてヒルトが収まる溝を切っておきます、ヒルト材が入るか入らないか位、ややキツ目に切っておいて、後で現物合わせします。

DSC_0745.jpg

いつもはブランクが出来た段階で切っておくのですが、今回はたまたま忘れていて手順が前後しました(笑)

DSC_0742.jpg

ヒルト材の厚みはそれぞれ、14mm、8mm、8mmです。
リカッソは全部5mmほど、結構狭く取ってありますが、多分削る時にかなり慎重になるので、もう少し広くなるでしょう、それを見越しての採寸です。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ライン交換
2015-04-05 Sun 00:54
リールに去年のラインを巻きっぱなしでしたので、新しいラインを買いました。
渓流は解禁されましたが、実は今季まだ一回も釣りに行っておりません。

モーリス(MORRIS) バリバス トラウトアドバンス ダブルクロス PE 0.6号モーリス(MORRIS) バリバス トラウトアドバンス ダブルクロス PE 0.6号
モーリス(MORRIS)

商品詳細を見る


モーリス(MORRIS) バリバス トラウトショックリーダー フロロカーボン 6lb 1.5号モーリス(MORRIS) バリバス トラウトショックリーダー フロロカーボン 6lb 1.5号
モーリス(MORRIS)

商品詳細を見る


ずっとナイロンを使っていたんですが、時流に乗って(?)、PE導入です(遅)。
しかしリーダーとか付けるの面倒臭いな…
関連記事
別窓 | 釣り | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
屋久鹿ナイフ シースのタレ浸け
2015-04-04 Sat 05:50
今回のシースは革が二重なので乾燥に時間がかかりそうです。

P1030423.jpg

部屋中にガムテレピンの臭いが充満してます(^_^;)
嫌いな臭いじゃないですけどね。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ここまでしか進んでいません
2015-04-03 Fri 16:18
野暮用や体調の関係もあって、掲題の通りです。

DSC_0730.jpg

DSC_0731.jpg

DSC_0746.jpg

明日明後日あたり進める予定ですが、さてどうなることやら。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
磨き棒 その後
2015-04-02 Thu 01:10
研磨用スティック作りの続きです。

DSC_0714.jpg

DSC_0715.jpg

各ホイールで削った木材にペーパーを貼って、先端を削ります。
それでスティックの先端にアールを写し取るわけですね。

でも、それだけではちょっと足りないので、追々もう少しバリエーション増やします。
過去に作ったスティックもありますので、全部が全部作り直しというわけではないのですけどね。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
屋久鹿ナイフ まもなく完成
2015-04-01 Wed 23:49
ブレードへの名入れも終わり、シースも乾きました。
あとは刃付けをして、シースをタレにつければ完成です。

P1030409.jpg

P1030410.jpg

P1030411.jpg

P1030415.jpg

P1030416.jpg

P1030418.jpg

P1030419.jpg

【スペック】
 刃長:7.5cm
 全長:19.2cm
 刃幅:2.2cm
 刃厚:2.5mm
 重量:89g(シース含まず)
 鋼材:R2積層鋼(芯金:武生 スーパーゴールドⅡ)フラットグラインド 酸腐食仕上げ
 ハンドル材:屋久鹿の角 花梨瘤 ターコイズ(アクリストーン) ファイバースペーサー青 真鍮板 ナロータング
 フィッティング:真鍮(ヒルト) SUS304ステンレス(タングの一部及びナット)
 シース:牛革 屋久鹿の革

S様、大変お待たせ致しました。
また、製作にあたりアドバイスを下さった諸先輩方、製作仲間、皆様、ありがとうございました。

この後は、JKG審査用ナイフ、コンテスト用ナイフ、ショー向けのナイフ製作に専念したいと思います。
私事都合もバタバタする予定なので、全部こなせるかわかりませんが、精一杯作ります!
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 心の上澄み |