ナイフ製作・渓流ルアーフィッシング・燻製
側面の外形切削、含浸剤塗布
2016-03-29 Tue 20:52
ようやくここ迄来ました。
慎重に且つ大胆に行け!

DSC_2471.jpg

DSC_2472.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
1200番まで
2016-03-27 Sun 21:49
4.5インチDHです。

DSC_2450.jpg

DSC_2451.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
マイルド刃紋
2016-03-27 Sun 00:02
120番で皮膜を落とし、今度は希塩酸につけてみました。

P1040224.jpg

おー、非常に大人し目の出方ですね。
これはもっと高い番手まで、いやミラーまでやってから酸処理すれば、更にいい感じになるんじゃないですかね。

オーダー品終わったらやってみますよ。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ハンドルの外形削り
2016-03-24 Thu 22:00
とりあえず3面。

DSC_2420.jpg

ヒルトを持つ、変則的なインプルーブドハンドル。
山の角度も2つ同じではありません。

ここからが勝負ですね~
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
焼戻し
2016-03-23 Wed 19:40
およそ200℃で30分ほど、油槽で加熱です。

DSC_2413.jpg

DSC_2415.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
斧 SK-5
2016-03-21 Mon 22:54
こんな感じに焼けました。

DSC_2385r.jpg

DSC_2384r.jpg

刃紋は狙ったように出なかったけど、使用には差し支え無いかと思います。
少し磨いてから再度腐食させてハンドルを付けます。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ざっくり
2016-03-20 Sun 19:24
60番で軽く酸化皮膜を取り除いて腐食させてみました。

DSC_2388.jpg

DSC_2389.jpg

むーん。
なかなか狙った通りとは行かないんですよね…

ちなみにこのブレード、と言うか、ナイフのデザインはNakamura Koujiさんです。
大きな絵で頂いた物を、ブレードが4.5インチになるようにリサイズして作りました。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
炭素鋼 焼入れ
2016-03-20 Sun 00:12
ナイフ2本と斧1本焼きました。

DSC_2380.jpg

P1040211.jpg

磨いてエッチングしたらどう出るでしょうね、明日以降の作業になります。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
土置き
2016-03-14 Mon 23:10
炭素鋼のブレードに、焼刃土を盛りつけました。

DSC_2339.jpg

今回はBOHLER K-990のブレードを2本です。
他にSK-5の斧にも既に盛ってありますので、折を見て一気に焼入れします。

綺麗に刃紋が浮くといいんですがね~
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
バットキャップ接着
2016-03-14 Mon 03:54
仮組みから微調整して、本付けしました。
エポキシ2液性接着剤を塗って、回り止めピンを打ち、シュナイダーボルトで締めつけます。

P1040200.jpg


外形を切り出したら中央付近に2mmピンを2本打つ予定です。

P1040201.jpg


ソングホールパイプも挿入します。

P1040202.jpg

次回からハンドルの成形です、大詰めに入ってきました。
気合入れていきましょー
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
バットキャップ仮組み
2016-03-11 Fri 21:38
真鍮の6mm板に、6mm・8mmの段付き穴を開けてシュナイダーボルトで止めます。
内部に回り止めの2mm隠しピンも打ってあります。

P1040191.jpg


全景。
なんとまぁ屈強なブレードでしょう…西根登氏鍛造の、片刃、左利き仕様です。

P1040188.jpg


ハンドル材の接着が、木目も綺麗に一致してぴったりなので、削り始めたら中心がわからなくなりそうです。
外形を出したら罫書き入れないと駄目ですね。

P1040190.jpg

P1040189.jpg


外形を出したら、ハンドル中央付近に2mmピンを2本追加、バットキャップ付近に6mmソングホールパイプを追加の予定です。
明日以降に続きます…
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ベルトグラインダー 弐号機のメンテナンス
2016-03-09 Wed 02:36
ホイールの角を丸めました。

DSC_2300.jpg

2.5インチ。


DSC_2301.jpg

6インチ。


DSC_2302.jpg


8インチ。

DSC_2303.jpg


10インチ。

DSC_2304.jpg


12インチ。

DSC_2305.jpg

プラテン。


ベベルストップがさらにうまく削れますように(-∧-)
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
マークサイドのハンドル材、スペーサー接着
2016-03-07 Mon 20:07
掲題の通りの作業です。

DSC_2298.jpg

接着剤は張り合わせの時に十分塗ってはいるのですが、気泡などで少し目減りするので、可能な限り注入します。
半分自己満足レベルの作業ですが…

DSC_2299.jpg

この後、真鍮のバットキャップの取り付けです。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ハンドル材接着中
2016-03-06 Sun 19:32
今回のハンドル材は、スタビライズドのバックアイバールです。
タングの通る溝を切って、ファイルサイド側から接着します、特段の意味は無いです、ただの癖です(^^;

DSC_2296.jpg

タングにボルト穴を開けたらマークサイド側も接着しますが、この接着剤は硬化に24時間ほどかかるので、明日まで放置ですね。

冬場は気温が低くて硬化が遅いので、自室に持ち込んでおきます。
寒い工房に置きっぱなしだと、いつまで経っても固まらないし、強度も低くなります。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ヒルト装着、スペーサー接着、ハンドル材仮合わせまで
2016-03-04 Fri 00:05
まずはヒルト前面だけミラーで仕上げます。
組み付けちゃうと磨き難くなりますので…

DSC_2277.jpg


接着剤を塗り、ピンを打ってカシメます。

DSC_2282.jpg


真鍮粉末を混ぜ込んだ2液性エポキシ接着剤を使用。

DSC_2284.jpg


スペーサーも接着します、ファイバースペーサー/アンティークペーパーマイカルタ/ファイバースペーサーの3枚は、予め接着済みです。

DSC_2286.jpg


ハンドル内部となる面に、タングの通る溝を切りました。
まだ接着はしていません。

DSC_2294.jpg


明日以降に続きます…
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 心の上澄み |