ナイフ製作・渓流ルアーフィッシング・燻製
ABU Garcia Ambassador 5500C 純正シングルハンドル+ナット+リテーナー+マイナスネジ
2017-01-24 Tue 01:59
購入時に付いてきた純正シングルハンドルがですね、見事に曲がっておりまして。
ドラグに干渉して回せないほど曲がっているのですよね(^^;

おまけに袋ナットもガビガビでメッキも剥げてます。
こりゃ落っことしたな…シャフトやフレームまで歪んでないといいのだけれど。

DSC_4165.jpg DSC_4164.jpg


んで、先日ダブルのハンドルを入手したわけですが、純正のシングルもとっておきたくなりまして、探し出しました。

mitchell408-img450x600-14846464745qrxxu27338.jpg 600x450-2015040200007-2.jpg

若干世代が違いますが、同じブルー・グレーの5500C純正品です。
袋ナットとリテーナー、マイナスネジも。

ダブルを付けるので多分使わないんですが、これは自己満足ということで。
曲がってる方のハンドルは気が向いたら直してみます、記念にこのまま保存してもいいのですけど。
関連記事
別窓 | 買物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ペティナイフ ハンドル編
2017-01-23 Mon 04:21
エボナイトのバーミリオン&ブラックを使うつもりだったのですけれど、気が変わりまして。

DSC_4186.jpg


デザインまで変更してしまいましたので、もう切ったやつは使えないし。

DSC_4185.jpg


デュポン・コーリアもなんか割れそうだし重いし…

DSC_4167.jpg


大判のホワイトペーパーマイカルタがありました!

DSC_4187.jpg

これでいこう!
でもこのマイカルタ、鉄粉が入りやすくて、研磨の時に黒ずむと聞きます。

それをどうやって綺麗にするのかな?
まぁいいや、まずは取り付けてみてからですね。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
KNIPEX 2616-200 鹿角バージョン 本体完成
2017-01-22 Sun 20:27
長らくかかりましたが完成です。

DSC_4168.jpg DSC_4169.jpg

【スペック】
 ノーズ長:10.6cm
 全長:23.6cm
 重量:270g(シース含まず)
 ベースプライヤー:KNIPEX 2616-200
 ハンドル材:蝦夷鹿角 ターコイズ(アクリストーン) 真鍮板1mm コンシールドタング
 フィッティング:真鍮 ミラーフィニッシュ
 シース:無し
 予価:35,000円(別途5,000円追加でレザーシース製作可能)

写真撮りましたらカートに載せます。
関連記事
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ペティナイフ ブレード仕上がり
2017-01-21 Sat 23:31
1200番でヘアライン引きました。
エッジも付いています、コンベックスグラインドのゼロエッジ。

DSC_4162.jpg

1.5mmのATS-34でゼロエッジの切れ味ですが。
腕の毛が剃れる、丸めたティッシュが一引きで切れる…

DSC_4163.jpg

実用的なことを考えて、玉葱を切ってみましたが、まぁ薄いなりに市販品よりちょっと切れる、位な感じかなぁ、ゼロエッジに対して過剰な期待をしすぎなのか、僕が下手なのか???(^^;
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ステンレス用黒染め液
2017-01-18 Wed 02:48
スーパーブルー、ガンブルーのステンレス対応バージョンってところですね。
まだ使ってませんので効果の程はわかりません、近々ATSでも染めてみますか。

DSC_4147.jpg

関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
ABU純正パワーハンドル 70mm
2017-01-16 Mon 06:26
中古で入手しましたが、使用に支障なし、十分です。
先般の5500Cに付ける予定。

DSC_4092.jpg
関連記事
別窓 | 買物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ウッドシース 完成
2017-01-14 Sat 23:09
銃床油を薄く塗って乾いたら完成。
耐久性がどのくらいか、あとは自分で使いながらですかね。

DSC_4145~2

関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
鮭冬葉作り 2nd
2017-01-13 Fri 03:34
タレの配合を変えてみました。

DSC_4096.jpg

さてどうなりますかね~

DSC_4103.jpg
関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
鮭冬葉作り 1st 完成
2017-01-11 Wed 04:52
干し終わった冬葉を、ナラのスモークウッド1/2本で冷燻したら完成です。

DSC_4077.jpg


良いですね~この照り照りの艶!

DSC_4081.jpg

あと2回作りますが、寒いうちに作り終えないと、暖かくなるとハエが出たりカビたりするので注意ですね。
関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ウッドシース その後
2017-01-09 Mon 14:01
竹のバネでカシャンと嵌まるようにしてみました。
金属みたいなカチッと音はないけど、これはこれで面白いかな。


あとはピンを打って外形まとめたら出来上がりです。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ABU Garcia Ambassador 5500C
2017-01-07 Sat 06:38
勿論中古品です。
レア品でもないですが、実用目的なので、そう高価でもピカピカでもなくて結構(^^;

DSC_4048.jpg DSC_4049.jpg

DSC_4050.jpg DSC_4051.jpg

外観には多少のキズあり、機関はまずまず、純正ハンドルが若干曲がってますね。
時間をかけてゆっくり手入れしながら、アップグレード社外パーツなども組み込んでいきたいと思います。

8ftくらいのベイトトラウトロッド買って、サクラマスでも釣りますかね。
釣れればですけど(^^;


関連記事
別窓 | 買物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
KNIPEXのアレ あと少し
2017-01-05 Thu 20:11
ベルトグラインダーのみでここまで来てみました、現在1000番。
もうちょっと番手を上げたらDPで研磨して完成ですね。

DSC_4042.jpg

関連記事
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
シースのアクション(動画)
2017-01-01 Sun 03:31
コンテスト応募ナイフのシースです。
抜き差しする様子を動画撮影してみました、自分ではなかなか良いと思うのですが…?

関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
名入れ3本完了
2017-01-01 Sun 03:23
まずはサグラダ・ファミリア1号。

これは色々試験的な要素が多いプロトタイプです、文字通り時間も膨大にかかっています。
ミラーフィニッシュも従来までの手順と少し違います、少しヌメッとした、濡れたような光り方ですね。

DSC_3983.jpg


お次はBOHLER K-990の自家焼き入れセミスキナー(Nakamura Kouji氏デザイン)2本。
静止画だと刃紋が写しにくいので動画でどうぞ。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
鮭冬葉作り 1st
2016-12-28 Wed 07:06
この時期の恒例行事です。
雪が降ってからだと、蝿も肉食性の蜂も居なくて気温も低いので、カビたりせずに美味しい鮭冬葉が出来ます。

まずは10月に釣ってきた鮭を解凍して細切りにします、皮は取らないでそのまま秘伝のタレ(?)に一晩浸け置きます。

DSC_3992.jpg

フックに皮ごと刺して、屋根付きのベランダで、約2週間~3週間。

DSC_3997.jpg

この寒空が良いのですね~。

DSC_4001.jpg

雪が吹き込んでくるようだたら、鮭が濡れてしまうので覆いを付けますが、上がったら外しておきます。

DSC_4002.jpg

干し上がったらスモークして完成ですが、その工程はまた今度。
関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
温湿度計付き電波時計 その後
2016-12-28 Wed 01:46
新調したCITIZEN「ライフナビD204A 8RD204-A19」は初期不良で返品してしまいました、湿度計が死んでしまいましたので仕方ないですね。
で、新たにCASIOの「IDS-160J-8JF」を購入。



自室にあった同じくCASIOの「DQC-100NJ」を作業場に持っていくことにしようとも思いましたが、これは目覚まし機能があるので自室から持ち出せず。



古い機種ですがなかなか優秀なんですよ、仏滅とか大安とかも出ます(笑)


前にも書きましたが、温湿度計付きの時計のいうのはですね、ナイフ工房にはなかなか重要でして、単に時間を見るためだけじゃなくて、接着剤の硬化時間をある程度読むとかといった意味合いもあるんですよね。
温度で硬化時間が変わるのもあれば湿度で変わるのもありますしね。
関連記事
別窓 | 買物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
クロモセブン
2016-12-26 Mon 04:15
3mmと4.5mmを2枚ずつ、何とか入手しました。
Matrix-Aidaさんありがとうございます!

DSC_3991.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
KNIPEX 2616-200 鹿角バージョン ボルスター周り成形中
2016-12-23 Fri 16:49
結局「肩」は残してます。
あとはもう少し丸みを付けて、研磨したら完成ですね、あ、シースも作らなきゃ…

DSC_3975.jpg

DSC_3976.jpg
関連記事
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
フィッシュキャッチャー
2016-12-23 Fri 01:25
今まで使っていたアルミ製のが上のキャッチャーです。
鮭を釣る時に使っていたんですが、派手に暴れられると爪がひしゃげて外れてしまうことがあるんですよね、使い方が下手なのか…でも5,000円位したんですよね~

DSC_3963.jpg

で、最近購入したステンレス鋼製のが下です。
なかなかゴツくて壊れる気配は微塵も感じません、これで1,500円位でした…まだ使ってないけど、見るからに安心感ありますよね。

関連記事
別窓 | 釣り | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
温湿度計付き電波時計
2016-12-23 Fri 01:20
作業場の必需品です。
寒暖の身体への影響はもとより、接着剤の硬化条件にも関係しますので。

DSC_3964.jpg

こちら、今まで使っておりましたCASIO「WAVE CEPTOR DQD-600J-7JF」ですが、湿度計が故障したの様なので買い替えです。
部品交換も考えましたが、外装も傷んでいたので…

41QlmXO4ObL.jpg

で、新調したのがこちらCITIZEN「ライフナビD204A 8RD204-A19」です。
コンゴトモヨロシク…

しかしよく見たら電波時計機能はなかった!(^^;
まぁいいか、そんなに大きく狂うわけじゃないし。

関連記事
別窓 | 買物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
超硬エンドミル
2016-12-13 Tue 06:46
先般のPROXXON卓上フライス用に幾つか揃えました。
2.5、3.0、3.5、4.0、4.5、5.0、6.0mmですね。

DSC_3903.jpg DSC_3923.jpg

DSC_3681.jpg DSC_3680.jpg

ヒルト材やハンドル材だけなら超硬じゃなくても十分なんでしょうが、後々のことを考えまして。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
KNIPEX 2616-200 鹿角バージョン 接着全て完了
2016-12-12 Mon 03:41
ハンドル材が付きました、なかなかガッチリです。
うりゃ!っと握っても平気です、この接着剤「ThreeBond1530」いいかも。

DSC_3861_20161212034009561.jpg

あとはボルスター周りを成形、研磨して完成ですが、肩を残すか否か。

DSC_3945.jpg

これ専用のシースを作る場合は肩付きでも全く問題ないのですが、別売りされてるシースに合わせるとなると肩無しになるんですよね。
関連記事
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ウッドシース
2016-12-11 Sun 06:43
とても良い木目だけど、ひび割れや厚みの都合でハンドルには使えないスネークウッド。
勿体無いから、自分用ナイフのウッドシースに使おうかと。

DSC_3933.jpg

これは主に卓上で使っています。
ベルトループ付きのレザーシースを作ったこともあるのですけど、正直邪魔です(笑)

ブレード部分だけの木鞘で十分ですが、簡単でもいいのでロック機構は付けたい。
竹のバネを使った機構を思案中です、金属はあまり使わない方向で。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
KNIPEX 2616-200 鹿角バージョン ハンドル材接着中
2016-12-11 Sun 06:40
先日の弾性接着剤「ThreeBond1530」を試用してみました。

まだ片側だけですが、なかなか良い感じです、硬化後の硬さも丁度良いし、心配した内部の硬化不良もないようです。
かなり強く握ってもビクともしません、エポキシでも割れたとかの報告は今のところないですが、これは安心感ありますね。

DSC_3939.jpg

はみ出してる白いのが接着剤です。
爪で押すと微かに弾性を感じますが、跡が残ったり、爪がめり込んだりするほどではないですね。


DSC_3936.jpg

タングには溝を幾つか刻んでおきます、すっぽ抜け防止ですが、もうちょっと深くても良かったかも…
タングの表面自体もベルトで荒く削って、表面積を多くしてあるので大丈夫だとは思いますが。


DSC_3937.jpg

ボルスター?上面は既にミラー化してあります、後で磨くの大変ですからね。。


DSC_3935.jpg

もう片側も接着したら成形に入ります。
関連記事
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
接着剤 ブレニー技研 GM-8300
2016-12-03 Sat 20:39
硬化後に磨くと金属光沢が得られるそうです。
近々試してみます。

DSC_3902.jpg

関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
試製切り出し刀
2016-12-02 Fri 21:38
試作品です。
ハンドルがまだですが、裏スキってこんな感じでいいのかな?

DSC_3905.jpg DSC_3906.jpg
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
セミスキナー(仮題) Nakamura Kouji氏デザイン
2016-11-21 Mon 20:57
BOHLER K-990炭素鋼を自家焼きしたものです。
4.5インチ、4.5mm厚。

燐青銅フィッティングがなかなか似合うと踏んでるんですよね~
ということでボルトやパイプもそれで。

DSC_3890.jpg

刃紋とフィッティングとハンドル材の取り合わせ、渋めに仕上げたいですね!
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
弾性接着剤
2016-11-17 Thu 04:38
どれがいいのか迷いましたが、ひとまずこれ。
ThreeBond1530 一液性湿気硬化型弾性接着剤

クリアーとブラックとホワイトが販売されているようですが、今回は鹿角を接着しますのでホワイトを購入。
まぁクリアーでも良かったんですが。

DSC_3861.jpg

紫外線や温度差、水濡れによる劣化に対して、どの程度の耐久性があるかはわかりませんが、エポキシよりは変形に強いことは間違いないでしょう。
硬化後の硬さが低すぎたら、ヒドゥンタングの充填剤としては微妙ですが、そこはあまり心配しておりません。

DSC_3758_201611190149433ef.jpg

関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ペティナイフ もうすぐブレード仕上がり
2016-11-15 Tue 01:01
ベベルは240番のサテン、リカッソは800番ヘアラインです。
ATS-34、コンベックスグラインド。

DSC_3848.jpg

DSC_3849.jpg

板厚が1.5mmしかないので、立ち上がりのラインを出すのがかなり厳しいです、ほとんど段差がない。
あと全体に攻めすぎて、強度的にちょっと怖い感じがします、コンベックスと言えどもエッジ、ポイント付近はかなり薄い…

同じブランクがもう一本削りかけですが、ひとまずこっちの個体にハンドルを付けてみるとしますかね。
あ、その前にゼロエッジをちゃんとつけておこう、ベルトに食いつきそうでちょっと怖いのですが…
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
KNIPEX 2616-200 鹿角バージョン スペーサー接着中
2016-11-14 Mon 05:56
真鍮ボルスターに、ターコイズと真鍮板です。

DSC_3837.jpg

ここまでは2液性エポキシ接着剤を使っていますが、ハンドル材、即ち鹿角は弾性接着剤で接着する予定です。
握りしめた時にタングがたわみ、中でエポキシが割れるのを恐れてのことです、まぁ針を外すだけのことでそこまで強く握りしめることはないと思うのですが、念のため。
関連記事
別窓 | ナイフメイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
BACK | 心の上澄み | NEXT